« 若手研究者のやる気を失わせた 鈴木寛・文科副大臣 | トップページ | 文部科学副大臣会見速報 科研費募集停止について 基礎科学は生命線 »

2009年10月26日 (月)

長 照二 博士 不当解雇事件

「長 照二 博士 不当解雇事件」
筑波大学 大学院 数理物質科学研究科教授  
プラズマ研究センター長


テレビのニュースで知りました。
大変驚きました。

「筑波大学 大学院 数理物質科学研究科
教授が懲戒解雇された。」

というニュースでした。

明確な不正がないにもかかわらず、
世界の著名な複数の科学者が正しいと、
処分は、間違っていると言っているのにです。

大学の対応は、不誠実です。
こんなことがあって良いのでしょうか?
ニュースを見ていて、大きな憤りを
感じました。

上記のようなリンクがありましたので
紹介します。是非見てください。

私には、筑波大学の対応は間違っていると
思われます。

聞く耳を持たないというのは、どういうこと
なのでしょうか? 反論の機会すら与えない。

どう見てもおかしい。

世界的な科学者を抹殺しようとしている。
世界の財産をです。
科学は、一国のものではありません。
世界の財産なのです。その認識がない。

しかも、成し遂げた科学的な評価には
目もくれず、枝葉末節なもので懲戒解雇とは、
信じられません。

どうなっているのでしょうか?

いつも思うのですが、専門家による委員会
というものの存在価値です。
そのメンバーは、いつも恣意的なものの
ように思えます。
どうして、公正なものとならないので
しょうか?

(政治関係の専門家委員会なるものは、
だいたいそうです。
だからどこまで信用してよいのか
良くわからない。不信感がつきまとう。)

情けないことに、科学者たる人たちが、
そんなことをする。

いつもそう、日本人でありながら、同じ日本の
科学者を正統に評価できない。
いままでもそうでした。
評価は海外から、評価はいつも後付けです。

情けない、本当に情けない。

猛省をして貰いたい。

|

« 若手研究者のやる気を失わせた 鈴木寛・文科副大臣 | トップページ | 文部科学副大臣会見速報 科研費募集停止について 基礎科学は生命線 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46587542

この記事へのトラックバック一覧です: 長 照二 博士 不当解雇事件:

« 若手研究者のやる気を失わせた 鈴木寛・文科副大臣 | トップページ | 文部科学副大臣会見速報 科研費募集停止について 基礎科学は生命線 »