« 自然な歩き方でリハビリ、筑波大など訓練装置開発、回復横ばい症例も改善 | トップページ | 厚生労働省研究班が、ペグIFNとリバビリンの効果が少ない患者を選別するSNPsを発見 »

2009年10月31日 (土)

口腔内崩壊錠「セレジストOD錠」 田辺三菱製薬

口腔内崩壊錠「セレジストOD錠」 田辺三菱製薬
2009年10月30日 (金) 薬事日報

---------------------------------------
 田辺三菱製薬は、経口脊髄小脳変性症治療剤
「セレジスト錠」(一般名:タルチレリン水和物)
の口腔内崩壊錠「セレジストOD錠5mg」を
新発売した。
「セレジスト錠」は、2000年9月に
販売されている。

 脊随小脳変性症は、小脳または脊髄が変性して
運動失調等の症状が現れる原因不明の神経変性疾患。
 厚生労働省の定める特定疾患に指定され、
日本では07年度で約3万人の患者が
認定されている。

 脊髄小脳変性症の主症状の運動失調に対しては、
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)を
注射する方法が唯一の治療法だった。
 同剤は、TRHを誘導体化することで
体内での安定性を高め、世界で初めて
TRH経口投与を可能とした薬剤で、
患者の負担軽減に寄与してきた。

 新発売された「セレジストOD錠5mg」は、
口の中で素早く溶け、水ありでも水なしでも
服用できるのが特徴で、患者の服薬
コンプライアンスの改善が期待されている。
 薬価は1錠1178・90円。
---------------------------------------

単に、飲みやすい薬にしたということですね。
服用している人には、少し意味あり。

私の場合、セレジストは何の効果もないので
意味無しです。

|

« 自然な歩き方でリハビリ、筑波大など訓練装置開発、回復横ばい症例も改善 | トップページ | 厚生労働省研究班が、ペグIFNとリバビリンの効果が少ない患者を選別するSNPsを発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46632441

この記事へのトラックバック一覧です: 口腔内崩壊錠「セレジストOD錠」 田辺三菱製薬:

« 自然な歩き方でリハビリ、筑波大など訓練装置開発、回復横ばい症例も改善 | トップページ | 厚生労働省研究班が、ペグIFNとリバビリンの効果が少ない患者を選別するSNPsを発見 »