« 月に巨大な洞穴?基地利用の期待も かぐやが「発見」 | トップページ | 病原体などを認識するヒトIgM抗体の受容体遺伝子「FcμR」を発見 »

2009年10月27日 (火)

EMEA、タイサブリの調査に乗り出す、PML発症例増加で

EMEA、タイサブリの調査に乗り出す、
PML発症例増加で

2009/10/27 NIKKEI NET

---------------------------------------
 ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)
欧州医薬品審査庁(EMEA)のヒト用医薬品委員会
(CHMP)は23日、米バイオ医薬品大手の
バイオジェン・アイデック(Nasdaq:BIIB)と
アイルランドのエラン(NYSE:ELN)が販売する
多発性硬化症(MS)治療薬「タイサブリ」の
調査を開始した。

 同薬の服用による進行性多病巣性白質脳障害
(PML)の発症例がこれまで報告された件数より
はるかに多いため。

 EMEAは欧州共通の医薬品登録審査を担当する
目的で設置されている欧州連合(EU)の機関。

 タイサブリの医薬品表示(ラベル)では
感染リスクが1000人に1人と示唆している
---------------------------------------

以前からPMLの話しは、出てますが、
1000人に1人と言うのは、かなり発症率が
高いと見て良いのでしょうか?
どの辺が認可取り消しのラインなんでしょうか?

個人的な感覚としては、高いのでは? と思う。

日本では、認可されていませんが、
高い有効性がある薬として期待している
人もいると思いますので気になりますね。

|

« 月に巨大な洞穴?基地利用の期待も かぐやが「発見」 | トップページ | 病原体などを認識するヒトIgM抗体の受容体遺伝子「FcμR」を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46597760

この記事へのトラックバック一覧です: EMEA、タイサブリの調査に乗り出す、PML発症例増加で:

« 月に巨大な洞穴?基地利用の期待も かぐやが「発見」 | トップページ | 病原体などを認識するヒトIgM抗体の受容体遺伝子「FcμR」を発見 »