« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 »

2009年9月30日 (水)

水素入りの水はパーキンソン病防ぐ? マウス実験で効果

水素入りの水はパーキンソン病防ぐ? マウス実験で効果
2009年9月29日20時28分 朝日新聞

---------------------------------------
 水素を含んだ水を飲むとパーキンソン病などの
予防や治療につながる可能性があることを、
九州大やパナソニック電工の研究グループが
発見した。
 脳の細胞の破壊が抑えられ、細胞を壊す
原因とされる活性酸素も減ったことがマウスを
使った実験で確認されたという。

 30日付の米科学誌プロスワンに論文を
発表する。

 九大の野田百美(まみ)・准教授らのグループは、
マウスに薬を投与して、パーキンソン病患者に
見られる症状と同様に脳の神経細胞を破壊させる
一方、前もって水素をわずかに含んだ水を
飲ませた。

 その結果、水素を0.08ppm含んだ水を
1週間飲ませたマウスでは、細胞死の進行が
抑えられていたことを確認。
 薬の投与後から水を飲ませても同じ抑制効果が
見られ、活性酸素の量も減っていたという。

 「ふだん飲まれている電解水に含まれている
水素と同程度の濃度で効果があった」と
研究にあたった同大院生の藤田慶大(きょうた)
さん(25)。
 水素が細胞死を抑える仕組みはまだよく
わかっていないが、研究グループは今後、
臨床試験も実施して実用化を目指すという。
(福島慎吾)
---------------------------------------

以前から言われていたような気がします。

今、各種発売されている水素水浄水器でも
効果があるということでしょうか?

例えば、こんなものがあります。
水素水/飽和水素水サーバー【aquela】
信用できそうな気もしますが、
どこまで信用できるのでしょうか?
本当に効果があるのなら、購入する価値はありそうですが、

関連リンクを見つけました。以下です。
発声練習

>論文が掲載されたこと自体が権威となる
>雑誌ではなく、その後の議論が重要な雑誌と
>とらえるのが無難に思える。
>よって、上の記事は他の研究機関からの
>追試待ちというところか。

というところのようなので、今後の研究を
待ちましょう。

|

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

大変興味深いニュースですね。
効くなら、毎食後薬を飲むときの水を水素を含んだ水に変えてもいいかもしれませんね。
でも、リンク先の「aquela(アキュエラ)」はなんか怪しい気がしますよ。

・水素水生成機の値段が高すぎる。
・水素飽和水を作れるとうたっているが、九州大学の研究で使用された「水素を含んだ水」は水素飽和水の約5%(20分の1)の濃度。
・「aquela(アキュエラ)」のホームページでは、さかんに“効果がある”と繰り返すが、何に効果があるかには全くふれていない。

濡れ衣だったら申し訳ないけど、あやしいにおいがぷんぷんするのは、気のせいでしょうか?

投稿: たけ | 2009年9月30日 (水) 17時49分

追加のコメントです。

> 「ふだん飲まれている電解水に含まれている
>水素と同程度の濃度で効果があった」

という研究員さんの言葉があるように、市販の電解水(アルカリイオン水など)でも、十分効果がありそうです。

投稿: たけ | 2009年10月 1日 (木) 10時14分

たけさん
コメントありがとうございます。

そうですね。
どこまで信用できるのか良くわかりません。
メーカーが沢山あって、あやしいものが多い。且つ高価です。

大学では、臨床試験をするそうですから、その結果を
あせらず、待つしかなさそうですね。

お金持ちなら、少しの投資かもしれませんが、

活性水素の濃度は、ネズミで0.08ppmということは、
人間では、体重差で考えると、もっと濃度を上げないと
いけないような気がします。
「ふだん飲まれている電解水に含まれている水素と
同程度の濃度で効果があった」と言ってますが、
人間での条件ではないと思います。

試験で使用した条件とか、もっと情報公開してくれると
助かりますね。
調べて、メールでも出せば、教えてくれるのかな?


SCDは今の所、根治治療法がないので、なんとかならないかと、
思っているもので、且つ、目は、緑内障で進行を止めることが
できず、これも悪くなる一方です。ほとんど片目状態です。
残った左目も心許なくなってきているような?

遺伝性のSCDの根治治療法は、ある程度見えてきましたが、
非遺伝性のものは、まだその先になります。
私は、非遺伝性なのです。

死んでしまった神経は、再生しないということになってますから。
その意味で、少しでも進行を遅らせる可能性のある手段として、
期待してしまいます。
正確には、期待して良いのかどうかもわかりませんが、
少なくとも、悪くは、ならないと思います。

(脳関門を突破できる物質として、活性水素は期待して良いと
思っているのですが、いまいち情報不足ですね)

当然リハビリは、するとしてですが、

投稿: haredasu | 2009年10月 1日 (木) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46352435

この記事へのトラックバック一覧です: 水素入りの水はパーキンソン病防ぐ? マウス実験で効果:

« 東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ更新情報 | トップページ | 家族性自律神経異常症の疾患モデルiPS細胞 »