« GE、太陽電池事業に本腰 | トップページ | 放射線計測装置:半数以上使えず、1台4000万円無駄に »

2009年9月29日 (火)

スウェーデン・モデルの核心学べ


参考情報です。興味のある方は、見てください。

どうして高福祉、高負担にもかかわらず
高い経済成長率と、国際競争力をもてるのか?
に答える、簡単な解説です。

高負担に見えるが、実は、年功序列賃金や、
退職金負担などがないため、スウェーデン
企業の労働コスト
(賃金+福利厚生費+税・社会保険料負担)は、
意外なことに、日本より寂感高いがほぼ
同水準であり、国際的に見ても高くない。
のです。

国の大きさが違うので、そのまま導入する
ことは、出来ませんが、考え方等、参考に
できる部分は、多いと思います。

国を変える為には、発想の転換が必要です。

|

« GE、太陽電池事業に本腰 | トップページ | 放射線計測装置:半数以上使えず、1台4000万円無駄に »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン・モデルの核心学べ:

« GE、太陽電池事業に本腰 | トップページ | 放射線計測装置:半数以上使えず、1台4000万円無駄に »