« ECTRIMS報告 | トップページ | 難治性の慢性疼痛に対する新規遺伝子治療薬 »

2009年9月26日 (土)

夢の扉

夢の扉というテレビ番組があります。

2009年9月20日放送
熱の温度差を利用した発電システムを作りたい

---------------------------------------
 慶応大学教授の武藤佳恭さんは、これまで
数々の発明品を世に送り出してきました。
 そんな武藤先生が現在、力を入れて研究
しているものがあります。

 それは深刻化するエネルギー問題に熱の
温度差を利用した「温度差発電」という
発電法の開発です。
 そもそも、温度差発電の原理は1821年に
発見され、いろいろな方法で活用されて
来ましたが、大規模な活用までには至って
いないのも現状としてあります。
 そこで、武藤先生のアイデアから生まれた
温度差発電を利用して新たなプロジェクトが
始動しました。
 温泉地の源泉と温泉地の地下水の温度差を
利用して発電をしようというのです。
 果たしてのこの実験プロジェクトは
成功するのでしょうか?
---------------------------------------

残念ながら、見逃してしまいました。
クリーンエネルギー、これから、ますます
重要になります。

このことに、挑戦している人がいる。
素晴らしいことです。

この番組は、良い内容のものが多いですね。

次回は、2009年9月27日:『レアメタルの確保
のために世界を駆けまわり、日本ハイテク産業を
守って行きたい』/中村繁夫

だそうです。面白そうです。
是非見逃さないようにしたい。

ちなみに、2009年9月13日放送は、
「日本から歯周病を無くしたい」
でした。

これも、良かったです。
こちらは、見ました。

せっかく開発したのに、なかなか
認めてもらえない現実がある。
良いものが埋もれないように、
願っています。

|

« ECTRIMS報告 | トップページ | 難治性の慢性疼痛に対する新規遺伝子治療薬 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢の扉:

« ECTRIMS報告 | トップページ | 難治性の慢性疼痛に対する新規遺伝子治療薬 »