« 最先端研究開発支援:対象に山中教授ら 民主「凍結も」 | トップページ | 寂しいこと »

2009年9月 5日 (土)

TDK、希土類の使用量抑えたネオジム磁石を開発

TDK、希土類の使用量抑えたネオジム磁石を開発
2009年09月04日 日刊工業新聞 Business Line


---------------------------------------
 TDKはレアアース(希土類)の使用量を
抑えた上で耐熱性能を30%高めたネオジム磁石
(用語参照)を開発した。

 10月に少量生産をはじめ、2010年夏までに
量産体制を整える。

 ハイブリッド車(HV)用モーターに不可欠な部品。
 原料に埋蔵量が少ない希土類のジスプロシウムを
使うが、従来品に比べ半減することに成功した。

 HVや電気自動車(EV)の需要拡大による
希土類の価格高騰が懸念される中、既存の
ネオジム磁石からの置き換えが進む公算が大きい。
 希土類と希少金属の有効活用をめぐり、官民
挙げた動きが活発化してきた。

 TDKは磁石粒子の周囲にジスプロシウムを
集中させる「粒界拡散技術」により量産技術を確立した。

 ジスプロシウムは耐熱性を付与する目的で添加する。

 従来は磁石粒子を微細化することで耐熱性の
強化と希土類削減を両立させてきたが、
粒子内部のジスプロシウムが耐熱性に貢献
しない不利があった。
---------------------------------------

>原料に埋蔵量が少ない希土類のジスプロシウムを
>使うが、従来品に比べ半減することに成功した。
ということで、めでたし、めでたし。

レアアース(希土類)の確保については、
ひやひやもんですね。

|

« 最先端研究開発支援:対象に山中教授ら 民主「凍結も」 | トップページ | 寂しいこと »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46124721

この記事へのトラックバック一覧です: TDK、希土類の使用量抑えたネオジム磁石を開発:

« 最先端研究開発支援:対象に山中教授ら 民主「凍結も」 | トップページ | 寂しいこと »