« 国内初の子宮頸がん予防ワクチンなど年内承認へ―厚労省 | トップページ | 必要最小限の「単剤療法」 »

2009年9月 1日 (火)

脂肪組織の老化で糖尿病に マウス実験で確認

脂肪組織の老化で糖尿病に マウス実験で確認
2009年9月1日12時6分 朝日新聞

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 糖尿病の発病に脂肪組織の老化が関係している
ことを、千葉大などのグループがマウスの実験で
確かめた。

 脂肪組織の老化を抑えることが糖尿病の新たな
治療法開発につながることを示した成果で、
米医学誌ネイチャーメディシン電子版に掲載された。

 このマウスの老化した脂肪組織では、炎症を
引き起こす分子の量が増え、p53という遺伝子の
活性が高まっていた。

 活性化すると、細胞の老化につながることで
知られている。

 糖尿病になりやすく改変されたマウスでも
同様の変化が認められたため、遺伝子操作で
このマウスの脂肪組織のp53を働かなくさせて
老化を阻害したところ、インスリンの効きが
改善された。

 逆にp53を過剰に働かせるとインスリンの
効きが悪くなった。

 このことから、p53の活性化による脂肪組織の
老化が糖尿病を引き起こしていることが明らかに
なった。

 糖尿病を脂肪組織の老化を抑えるという観点で
研究を進めれば、新たな治療薬の開発につながる
かもしれない」と話している。(本多昭彦)
---------------------------------------

新たな治療薬が開発されると良いですね。
糖尿病の人は多いですから、

さらに詳細は、こちらのリンクで、
脂肪組織の老化が糖尿病の発症に重要であることを発見

|

« 国内初の子宮頸がん予防ワクチンなど年内承認へ―厚労省 | トップページ | 必要最小限の「単剤療法」 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46089887

この記事へのトラックバック一覧です: 脂肪組織の老化で糖尿病に マウス実験で確認:

« 国内初の子宮頸がん予防ワクチンなど年内承認へ―厚労省 | トップページ | 必要最小限の「単剤療法」 »