« 心臓幹細胞使い、心筋再生へ…年内にも臨床 | トップページ | 平成20年度 JST CREST 研究年報が公開されました »

2009年9月17日 (木)

大不況を乗り切る突破口は、人の「削減」ではなく「教育」にあり!

大不況を乗り切る突破口は、人の「削減」
ではなく「教育」にあり!

[2009/09/17] IT PRO 記者の眼

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
 「人は削減しません」。

 都内で開かれた「流通・小売り」をテーマにした
イベントで、成城石井の大久保恒夫社長は、
こう言い切った。

 大久保社長が最も大事にしているのは、
「売り場をよくすること」。

 結果として、財務諸表の改善につながるという。

 売り場をよくするために、働く人を削減せず、
徹底的に教育する。
教育には経費も時間もかかるが、気にしない。

 働く人の質が落ちたら、売り場が悪くなり、
それこそ業績は回復しないからだ。

 「あの店には、とても親切で商品知識の豊かな
従業員がいる。

 だから買い物に行く」というお客さんが多い
という。

 最近は、厳しい不況の影響で給料が大幅に下がり、
より安い価格の商品に目が向けられるように
なっている。

 しかし、顧客は安さだけで物を選んでいる
わけではない。

 価格を下げても、いずれ売れなくなる

 例えば、ナショナルブランドの醤油が、
通常よりもかなり安く売られているとしよう。

 すると消費者は「安いうちに買っておこう」
と思い、一時的に売れるが、いずれ売れなく
なるだろう。

 理由は、安いからといって醤油の消費量が
2倍や3倍に増えるわけではないからだ。

 消費量が増えない以上、ある程度まで
いったら売れなくなる。

 価格を下げることには限界がある以上、
そのほかの方法で消費者の購買意欲をかき立て
なければならない。

 そこで重要になってくるのが、消費者と
じかに接する店員による接客だ。

 大不況を乗り切るための突破口は人の削減
ではなく、人の教育だ。

 もっとも教育といっても、どういう人材が
必要なのかという根本的な問題を理解して
いなければ、それこそ時間とお金のムダに
なってしまう。

 大不況は、本当の意味で強い企業をあぶり出す。

 その企業はその強さを自覚するから、さらに
強くなるために人の教育に力を入れる。

 一方、自分たちの持ち味が何なのか、
分からなくなってしまった企業は、人の削減に
走るしか打つ手がないのかもしれない。
---------------------------------------

当たり前の話しです。

こんなことすら理解していない経営者が多い、
ということでしょうか?

安易なリストラが多すぎるように思えます。

「流通・小売り」では、要するに接遇が最も
大切、その為の教育が必要ということですね。
(もちろん良い商品を持っていることが前提)

同感です。

接遇がきちんと出来ている店には、何度も
行ってみたくなりますよ!

顧客の心理をつかむこと!
当たり前のことですよね。

|

« 心臓幹細胞使い、心筋再生へ…年内にも臨床 | トップページ | 平成20年度 JST CREST 研究年報が公開されました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大不況を乗り切る突破口は、人の「削減」ではなく「教育」にあり!:

« 心臓幹細胞使い、心筋再生へ…年内にも臨床 | トップページ | 平成20年度 JST CREST 研究年報が公開されました »