« (第9回)視覚の再生をめざして(1) | トップページ | 最大の国産ロケット「H2B」デビュー間近 »

2009年9月 4日 (金)

宇宙太陽光発電プロジェクト、実証試験は IHI や三菱重工業などが受託

宇宙太陽光発電プロジェクト、実証試験は
IHI や三菱重工業などが受託

2009年09月04日 11時00分の掲載 slashdot


---------------------------------------
 経済産業省と JAXA は宇宙で太陽光エネルギーを
利用した発電技術の確立を目指し、実証試験を
2012 年まで行う予定だそうだ。
 この度、この実証試験をIHI (旧石川島播磨重工業)、
三菱電機などが参加する財団法人無人宇宙実験
システム研究開発機構 (USEF) および三菱重工業が
受託することが発表された。

 詳細はBloomberg.co.jp の記事で報じられているが、
政府は 2015 年までに小型衛星を打ち上げ、2030 年
には 100 万キロワット級の太陽光発電を実現する
ことを目標としているとのこと。
 実用段階での発電装置の製造および打ち上げには
約 2 兆円のコストが掛かると試算されているそうだ。

 なお、宇宙太陽光発電については Wikipedia の
記事 (Space-based solar power, 宇宙太陽光発電)
が詳しい。
---------------------------------------

こういうことも、試行しようとしている見たいです。

ただ、リンク先の記事では、
---------------------------------------
 国内唯一の宇宙・航空関連コンサルティング会社
エクスカリバーの吉田浩社長は、宇宙太陽光発電
について「必ず役に立つ技術であることは間違いないが、
すぐに実現できるものでもない」と指摘する。
 ばく大な物資を宇宙に運ぶため輸送コストがかさむ
ことから、資材の運搬費用が「現在の100分の1
ぐらいにならない限りペイしない」とみている。

 さらに、吉田氏は研究開発にも多大な費用必要に
なるため、「他の政策もある中、政府は宇宙太陽光発電
の技術開発についてどう優先度つけるのか苦労
するだろう」と指摘した。
---------------------------------------

と言っています。
まあ、そうでしょうね。
最適解は、どうなのか?
しっかり検討してください。

私は、多種類の発電方式を組み合わせた
電力システムが良いと思います。
一種類では危うい。
多様であることが安定につながると思う。

|

« (第9回)視覚の再生をめざして(1) | トップページ | 最大の国産ロケット「H2B」デビュー間近 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/46118967

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙太陽光発電プロジェクト、実証試験は IHI や三菱重工業などが受託:

« (第9回)視覚の再生をめざして(1) | トップページ | 最大の国産ロケット「H2B」デビュー間近 »