« B型肝炎などを排除するヒト抗体、1週間で作製 | トップページ | 視力矯正の新たな選択肢 »

2009年8月17日 (月)

特許って世のためになってる ?

特許って世のためになってる ?
2009年08月17日 11時00分の掲載 slashdot

---------------------------------------
 欧州議会で議席を獲得した Pirate Party (海賊党)
のインタビューで、特許システムの廃止を主張
している (CNET Japan の記事より) 。

 政党の名前からして、ふざけた主張かと思って
いたのだが、読んでみると実に合理的な内容である。
 特許システムは、企業秘密などによって技術が
広まらない害をなくすために作られたはずなのだが、
現在ではむしろ技術利用を阻害する要因となっている。
 特許を廃止すれば、研究開発費用を大きく抑制でき
世の中はむしろ効率的になるだろう、と言う主張である。

 製品開発の現場で、製品の特許調査や特許回避で
不毛な作業を経験したエンジニアなら頷く部分が
多い主張ではないだろうか。
 日本でも、こういう合理的な主張をしてくれる
政党がでてきて欲しいものだ。

 前編の著作権は 5 年で十分も興味深い記事なので
是非。
 素人考えからすると、特許がないとベンチャーが
育つ余地が失われるようにも思える。
 ベンチャーが育つ別のアプローチを
考えるべきなのか…?
---------------------------------------

うなずける部分が多いです。

現実は、多分特許はなくならないと思いますが、

医療の分野で特に、特許の弊害が気になります。
人の命に関わるものには、特許は認めない。
とはならないのでしょうか?

最も、お金が絡んでくる分野でもあるから、
ダメだろうけど、

|

« B型肝炎などを排除するヒト抗体、1週間で作製 | トップページ | 視力矯正の新たな選択肢 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特許って世のためになってる ?:

« B型肝炎などを排除するヒト抗体、1週間で作製 | トップページ | 視力矯正の新たな選択肢 »