« 遺伝子レスキューマウス | トップページ | ニードル状かヌードル状か »

2009年8月 4日 (火)

東京理大など、歯の再生医療に成功

---------------------------------------
 東京理科大学と大塚ホールディングス(HD)の
共同チームは歯の再生医療に世界で初めて成功した。

 マウスを使った実験で、神経がつながっているため
痛みを感じ、物がかめる硬さがある歯ができた。

 親知らずなど抜いた歯を使えば、将来は人間でも
歯を再生できるようになるという。

 歯の再生医療に成功したのは東京理大の辻孝教授と、
大塚HDの傘下にある大塚化学の子会社で
再生医療を手掛けるオーガンテクノロジーズ
(東京・千代田、朝井洋明社長)。

 研究成果は4日米科学アカデミー紀要で発表する。 (07:00)
---------------------------------------
2009/8/4 NIKKEI NET


Good Newsですね。

将来は、入れ歯は、なくせるのかな?

いつまでも、自分の歯があって噛める
というのは、素晴らしいことです。

なんでも、おいしく食べることができますから。
これは、本当に、素晴らしいことです。

私の場合、親知らずは、もうないのですが、、

もっとも、実際に、臨床で実用化されるのは、
ずっと後のことで、関係ないか?

参考までに、毎日新聞のニュースにもでてました。
以下のリンクを見てください。
マウスの歯:再生 正常な機能を確認 東京理科大など
毎日新聞 2009年8月4日 6時00分

朝日新聞のリンクです。
マウス胎児細胞から完全な歯を再生 東京理科大グループ
2009年8月4日6時57分 朝日新聞

|

« 遺伝子レスキューマウス | トップページ | ニードル状かヌードル状か »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

ホント、グッドニュースです!

投稿: さくら | 2009年8月 4日 (火) 12時56分

コメントありがとうございました。

投稿: haredasu | 2009年8月 4日 (火) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45831510

この記事へのトラックバック一覧です: 東京理大など、歯の再生医療に成功:

« 遺伝子レスキューマウス | トップページ | ニードル状かヌードル状か »