« がん細胞の“振る舞い”が見えるメダカ | トップページ | 豊かな国は「少子化」克服、日本は例外的 »

2009年8月 6日 (木)

がんリスク上昇、警告を TNF阻害薬でFDA

がんリスク上昇、警告を TNF阻害薬でFDA
更新:2009/08/06 00:00   共同通信社
CBnews


---------------------------------------
 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は
4日、日本でも使われている腫瘍(しゅよう)壊死
(えし)因子(TNF)阻害薬と呼ばれる新しい
タイプの関節リウマチ薬について、小児、青少年が
使用した場合にがんの発症リスクが上昇するとして、
注意書きで強く警告するよう製薬会社に指示した。

 対象は、レミケード(一般名インフリキシマブ)、
エンブレル(エタネルセプト)、ヒュミラ(アダリムマブ)
など5種類。いずれも、日本でも承認されているか、
臨床試験が進められている。

 関節で骨を壊すTNFというタンパク質と結合して、
その働きを抑える作用があり、関節リウマチのほか
クローン病、潰瘍(かいよう)性大腸炎などに
処方される。

 ロイター通信によると、改善効果が高いため、
米国で最も人気があるリウマチ薬となっている。
---------------------------------------

気をつけた方が良いですね。
厚生労働省の動きは、遅いですから、

|

« がん細胞の“振る舞い”が見えるメダカ | トップページ | 豊かな国は「少子化」克服、日本は例外的 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45850679

この記事へのトラックバック一覧です: がんリスク上昇、警告を TNF阻害薬でFDA:

« がん細胞の“振る舞い”が見えるメダカ | トップページ | 豊かな国は「少子化」克服、日本は例外的 »