« 三洋の太陽電池、世界最高の変換効率を達成 | トップページ | ベール脱いだ日産の電気自動車 »

2009年8月 5日 (水)

増産したくてもできない 好調ハイブリッド車の間の悪さ

増産したくてもできない
好調ハイブリッド車の間の悪さ

2009年8月5日(水) 日経ビジネスONLINE


---------------------------------------
 「そんなに売れているのなら増産すればいいじゃん」
というご指摘だ。


今から増産ですか、そんな殺生な

 プリウスもインサイトも、ニッケル水素2次電池を使う。
 次世代は間違いなくリチウムイオン2次電池になる。この連載の第1回から言い続けている通りだ。

 もうニッケル水素2次電池をいじる気はないのだろう。

 となると、増産要求が来たからと言って、今から
ニッケル水素2次電池を作るために大きな工場を
建てる判断はできない。
 元を取る前にニッケル水素の時代が終わってしまう。


パワー素子でも同じことが

 同じことはすぐにもう1回起こる。
 炭化ケイ素(SiC)である。
 モーターを回すインバーターに使う半導体として、
今はSi(ケイ素)を使っている。
 これが近い将来、SiCになる可能性が高い。
 何しろ損失がSiの半分しかない。
 これもタイミングを誤ると、切り替えに失敗する。

 SiCが実用化する時期はいつか。
 多くのメーカーは何度聞いても「2010年代」
としか答えない。
---------------------------------------


成る程ね、そう簡単に増産できないのだ。

補助金の問題かな?
程度に思っていたのだけれど、甘かった。

そりゃそうだよね。
儲かるチャンスをみすみす逃すはずがない。

やむを得ない理由があったのだ。

|

« 三洋の太陽電池、世界最高の変換効率を達成 | トップページ | ベール脱いだ日産の電気自動車 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増産したくてもできない 好調ハイブリッド車の間の悪さ:

« 三洋の太陽電池、世界最高の変換効率を達成 | トップページ | ベール脱いだ日産の電気自動車 »