« 増産したくてもできない 好調ハイブリッド車の間の悪さ | トップページ | それは技術者の夢なのか、エゴなのか マツダ「SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)」(その2) »

2009年8月 5日 (水)

ベール脱いだ日産の電気自動車

ベール脱いだ日産の電気自動車
2009年8月5日(水) 日経ビジネスONLINE


---------------------------------------
 日産自動車が2010年末に日米欧で販売を始める
電気自動車(EV)が「リーフ」と命名され、
デザインも初公開された。
 当初は年5万台の生産からスタートするが、
2013年から14年にかけては同30万台規模を
目指すことになろう。

 カルロス・ゴーン社長は「割高でなく経済的な
クルマとする。
 (発売後)当面は需要が供給を上回るだろう」と
自信を示す。
 だが、量産態勢が整うまでのここ2、3年は、
すでに本格普及段階に入った他社のハイブリッド車(HV)
攻勢をかわしながら、匍匐(ほふく)前進のような
険しい道のりが続く。

 ガソリン車では1.8~2.0リッター級に相当する。

 2次電池は、薄板状のラミネート型リチウムイオン電池
3枚を重ねたモジュールを48個搭載している。
 電池の容量は24キロワット時で、注目の航続距離は
「LA4モード」という米国の測定方式を採用し
「160キロ以上」としている。

 ゴーン社長は2日の記者会見で2020年にはEVが
「世界の新車需要の10%は取れると思う。
 需要への不安はなく、むしろ課題は供給力」と
強気一辺倒だった。
 こうした強気の背景にあるのは、国内外の政府や
自治体、電力会社あるいは研究機関などとの
パートナーシップ作戦である。

「ゼロエミッションのEVはHVとは全くカテゴリーが違う」

 日本では神奈川県と横浜市がパートナーとなっている。
 同県内にある公共の急速充電設備は現在23基だが、
2010年末までに100基に増やす計画。
 また車両購入については自治体固有の補助金制度も
用意され、日産は価格面での弱点をカバーしていく。

 日本では神奈川県という「点」がEV普及で先頭を
走ることになる。
 それを徐々に「面」に拡げていくのが日産の普及策だ。
国内外問わず「サポートのあるところに進出する」
(ゴーン社長)と、徹底している。

 ゴーン社長はまた、「ゼロエミッション
(=車両からの排ガスゼロ)のEVはHVとは全く
カテゴリーが違う。
 他の自動車メーカーが(EVへの本格投資を)
決断しないことは、ある意味うれしい」と言う。

 トヨタ自動車とホンダに大きく差をつけられた
HVの出遅れをEVの先行で巻き返すよう日産は舵を切った。
 しかし、2012年をメドとする「グローバルな量販」
までに、他社のHV攻勢をどう凌ぐか、経営資源を
EV最優先に振り向けたリスクは依然として大きく見える。
---------------------------------------

ゴーン社長は、強気ですが、時期尚早ではないかと
思います。

まず、価格が普及する程度になるとは思えません。

あの三菱i-MiEVでさえ、
「価格は459万9000円となっています。
補助金がおりて実質価格は320万9000円と見込まれています。」
ですよ。

もう一つ、走行距離が160Kmと言うのも気になります。
特に、米国で売ろうとするのなら、短すぎませんか?

タウンユースに限るのならば、良いのですが、
そうはいかないはず。
セカンドカーとして割り切れるほど、安い車ではない。
どういう判断なのかわかりません。

ゼロエミッションだからといって、是非買いたいと
思わせるものが、一般のユーザにあるとは、
思えません。

>世界の新車需要の10%は取れると思う。
ホントかな?

どうなるかみものですが、極めてハイリスクだと
考えます。

日産大丈夫でしょうか?

|

« 増産したくてもできない 好調ハイブリッド車の間の悪さ | トップページ | それは技術者の夢なのか、エゴなのか マツダ「SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)」(その2) »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベール脱いだ日産の電気自動車:

« 増産したくてもできない 好調ハイブリッド車の間の悪さ | トップページ | それは技術者の夢なのか、エゴなのか マツダ「SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)」(その2) »