« ルール破りのドライバーが交通渋滞を減らしている ? | トップページ | 脳梗塞における病態進行の仕組みを解明 »

2009年8月 2日 (日)

土星の自転周期、従来想定より5分短かった

土星の自転周期、従来想定より5分短かった
2009年08月02日 08:22 発信地:パリ/フランス
AFP BBNews

---------------------------------------
 【8月2日 AFP】英米の国際研究チームが29日発行の
英科学誌「ネイチャー(Nature)」に、
土星の自転周期は10時間34分13秒で、これまで
考えられていたより5分以上短いとの研究結果を発表した。

 英オックスフォード大学(Oxford University)と
米ルイビル大学(University of Louisville)の
科学者らによる国際研究チームは、米航空宇宙局
(NASA)の土星探査機カッシーニ(Cassini)が
撮影した赤外線画像を利用して自転周期を計測した。

 研究チームは、土星表面の目に見える情報と
土星の核に関するカッシーニの赤外線画像を合わせ、
土星の気流の3次元地図を製作した。
 この地図を使って土星が大気中に作り出す波や
渦の規模を測定し、そこから自転周期を割り出した。

 土星の1日が従来の測定より5分短いという事実は、
想像以上に重大なことだと研究チームは指摘する。

 例えば、これまでに予測した風速が時速250キロ以上も
間違っていた可能性がある。
 また、土星の気候パターンは木星により近く、
これまで考えられていたより両惑星の共通点は
多いかもしれないという。(c)AFP
---------------------------------------

私にとっては、興味深いことです。

>土星の1日が従来の測定より5分短いという事実は、
>想像以上に重大なことだと研究チームは指摘する。

ということですし、新しい発見につながる
最初の一歩です。

|

« ルール破りのドライバーが交通渋滞を減らしている ? | トップページ | 脳梗塞における病態進行の仕組みを解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45809592

この記事へのトラックバック一覧です: 土星の自転周期、従来想定より5分短かった :

« ルール破りのドライバーが交通渋滞を減らしている ? | トップページ | 脳梗塞における病態進行の仕組みを解明 »