« 世界天文年2009 | トップページ | 脂肪分の多い食事は短期間でも運動能力や認識能力の低下を引き起こす »

2009年8月22日 (土)

モリブデン-99 が足りない

モリブデン-99 が足りない
2009年08月21日 12時30分の掲載
slashdot


---------------------------------------
 放射線医薬品の原材料となるモリブデン-99 が、
カナダ原子力公社 (AECL) の原子炉 (NRU) の
トラブルにより、5 月 25 日以降、製造元からの
輸入がストップし、ピンチになっている
(asahi.com の記事より) 。

 モリブデン-99 は RI アンギオグラフィー、
シンチグラフィ、レノグラフィといった放射線
造影手法で利用される、体内診断用放射性医薬品は
これまでも輸入依存が危惧されており、全て輸入に
頼ってる体勢に疑問が投げかけられている。

 これ以前より、日本原子力研究開発機構は、
昨年より産学協力によりモリブデン-99 の
国産化に向けた技術的検討を始めたばかり
(材料試験炉 (JMTR) を用いたモリブデン-99
(99Mo) の国産化に向けた検討を開始) だが、
到底間に合うはずもない。
---------------------------------------

どうして、いつも日本の動きは、鈍いのか?
責任者は誰なのですか?

多分責任者不明確につきなんら改善されず!
となるのでしょう。

どうして明確にしないのか?
明確にできない? 
仕組み or 体制が悪い?
わかっているのになんら有効な手を打たない。

優先順位が低いということかな?
何を優先べきなのかわかっているのかな?

|

« 世界天文年2009 | トップページ | 脂肪分の多い食事は短期間でも運動能力や認識能力の低下を引き起こす »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モリブデン-99 が足りない:

« 世界天文年2009 | トップページ | 脂肪分の多い食事は短期間でも運動能力や認識能力の低下を引き起こす »