« 有機発光で明るい未来を | トップページ | 「回復期」リハビリ、「3時間」高い効果 »

2009年7月20日 (月)

特殊な糖尿病患者、ピロリ菌除去で完治 東北大チーム

---------------------------------------
 確立した治療法がない特殊なタイプの糖尿病患者を、胃の中にいる
ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)を除くだけで完治させることに、
東北大医学系研究科の片桐秀樹教授と岡芳知教授らのチームが成功した。
 胃潰瘍(かいよう)や胃がんの原因の一つとされるピロリ菌は、一般に
糖尿病には関係ないとみられていた。英医学誌ランセットに発表した。

 この患者は男性で、血糖値を下げるインスリンの働きを妨害する抗体を
自分でつくってしまう「B型インスリン抵抗症」という糖尿病を発症していた。
 治療中にピロリ菌が見つかり、投薬して除菌した。
 すると4カ月ほどで抗体が消え、糖尿病の指標も正常になった。
 1年後も症状は現れず完治と判断された。

 ピロリ菌感染で、抗体をつくる免疫機構に異常が起きた可能性がある。
 片桐教授は「この糖尿病は数万~数千人に1人と推測される。
 除菌が根治の治療法になれば福音だ」と話す。(斎藤義浩)
---------------------------------------
2009年7月18日19時13分 朝日新聞

Good Newsですね。
ピロリ菌は除菌しておくのが正解なようです。

|

« 有機発光で明るい未来を | トップページ | 「回復期」リハビリ、「3時間」高い効果 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

これでヨーグルトが売れそうですね。

投稿: 糖尿病性網膜症 | 2009年7月21日 (火) 16時15分

そうですね。

積極的に検査して、除去するのがベストです。

投稿: haredasu | 2009年7月22日 (水) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45686879

この記事へのトラックバック一覧です: 特殊な糖尿病患者、ピロリ菌除去で完治 東北大チーム:

« 有機発光で明るい未来を | トップページ | 「回復期」リハビリ、「3時間」高い効果 »