« サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 | トップページ | 死産後の対応が支え »

2009年7月10日 (金)

神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定

神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定
-幅約10μm領域でのイノシトール三リン酸(IP3)の濃度こう配が鍵-
平成21年7月10日
独立行政法人 理化学研究所

詳細は、リンクを参照してください。

---------------------------------------
◇ポイント◇
 微細な神経突起先端部の、IP3の濃度こう配の検出に成功
 IP3の濃度こう配が神経突起の伸びる方向を変えることを発見
 多種多彩な細胞の移動メカニズムにかかわる普遍的な概念を提供

 独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)は、
神経細胞の微細領域(幅約10μm)でイノシトール三リン酸(IP3)※1の
濃度のこう配を検出することに成功し、この濃度こう配が
神経突起の伸びる方向を変えていることを、世界で初めて発見しました。
 理研脳科学総合研究センター(利根川進センター長)
神経成長機構研究チームの上口裕之チームリーダーと
秋山博紀リサーチアソシエイトが、発生神経生物研究チーム
(御子柴克彦チームリーダー)と共同で研究した成果です。

今後の期待
 神経突起の伸びる方向を制御する分子メカニズムの発見は、
発生期に神経回路が作られる仕組みを理解し、また神経突起を
誘導して損傷した神経回路を再構築するための技術開発に
役立つ大変意義のある成果です。
---------------------------------------

ということです。

|

« サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 | トップページ | 死産後の対応が支え »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45590746

この記事へのトラックバック一覧です: 神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定:

« サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 | トップページ | 死産後の対応が支え »