« 胃の中、自在にスーイスイ 自走式の内視鏡を開発 | トップページ | 「トロイの木馬」微小細胞でがん退治 豪研究者ら開発 »

2009年7月 4日 (土)

アルツハイマーの病状、ES細胞から再現成功

アルツハイマーの病状、ES細胞から再現成功
(2009年7月3日23時15分 読売新聞)


>さまざまな細胞に変化する能力をもつ人の胚(はい)性幹細胞
>(ES細胞)から、家族性アルツハイマー病と
>筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症(ALS)の病状を再現した
>細胞を作ることに、京都大学やNPO法人幹細胞創薬研究所(京都市)
>などが世界で初めて成功した。

>病気のメカニズム解明や薬の開発を大きく進める成果で、
>中辻憲夫・同大教授が3日、東京で開かれた講演会で発表した。


素晴らしい成果ですね。
期待しています。

|

« 胃の中、自在にスーイスイ 自走式の内視鏡を開発 | トップページ | 「トロイの木馬」微小細胞でがん退治 豪研究者ら開発 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45532806

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマーの病状、ES細胞から再現成功:

« 胃の中、自在にスーイスイ 自走式の内視鏡を開発 | トップページ | 「トロイの木馬」微小細胞でがん退治 豪研究者ら開発 »