« タイサブリ(ナタリズマブ)最新情報 | トップページ | 「石油」を生む藻類 人類を救うか »

2009年7月 7日 (火)

強くて超薄「ナノばんそうこう」開発 手術で臓器接着

強くて超薄「ナノばんそうこう」開発 手術で臓器接着
2009年7月7日14時44分 朝日新聞

---------------------------------------
 厚さが市販のばんそうこうの10万分の1という超薄膜で
肺などの軟らかい組織を接着できる手術用「ナノばんそうこう」を
早稲田大、防衛医大などのグループが開発した。
 液晶などの基板技術に使うナノテクを自然分解性の高い
生体材料に応用した。
 独専門誌アドバンスド・ファンクショナル・マテリアルズ(電子版)に
発表した。

 イヌを使った実験では、肺の周囲を覆う胸膜にできた
直径約6ミリの穴を、2センチ角のナノばんそうこうで覆うと、
7日後には覆った傷口に血管ができはじめ、
30日後にはきれいに治った。

 従来の手術で使われてきた血液成分を使った生体のりでは、
治療部分に癒着が起きやすい欠点があったが、
傷口に密着するナノばんそうこうで癒着はおきなかった。

 グループでは、さらに安全性の検証を続け、
3年後の治験開始を目指す。
---------------------------------------

素晴らしいですね。
3年後の治験開始は、もっと早くならないのでしょうか?

|

« タイサブリ(ナタリズマブ)最新情報 | トップページ | 「石油」を生む藻類 人類を救うか »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45565350

この記事へのトラックバック一覧です: 強くて超薄「ナノばんそうこう」開発 手術で臓器接着:

« タイサブリ(ナタリズマブ)最新情報 | トップページ | 「石油」を生む藻類 人類を救うか »