« F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 | トップページ | ALS治療に希望をもたらす新しい知見 »

2009年7月 1日 (水)

脳波で電動車いすをリアルタイム制御

脳波で電動車いすをリアルタイム制御
-Brain Machine Interface (BMI)の新しい脳信号処理技術を開発-

平成21年6月29日

---------------------------------------
 理研、トヨタ、豊田中央研究所、コンポン研究所が2007年に
設立した理研BSI-トヨタ連携センターの非侵襲BMI連携ユニットは、
信号処理技術を駆使して、125ミリ秒という短時間に脳波を解析し、
前進、右・左の信号を抽出することに成功しました。
 車いすを足、右手左手を動かすイメージで制御します。
 開発したシステムは、電極を頭皮・毛髪の上から接触する
脳波計を使って信号を捕えるので、外科手術が不要です。
 さらに、システムが解析した脳波の解析結果をその場で確認できるため、
 人間の意思とシステムのすり合わせをリアルタイムで行うことができます。
---------------------------------------

素晴らしいですね。

動画があります。
より具体的にどんなものか理解出来ます。
見てください。

実際に使ってみたいですね。

どの位のコストで商用化できるのだろうか?
気になります。

|

« F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 | トップページ | ALS治療に希望をもたらす新しい知見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45504136

この記事へのトラックバック一覧です: 脳波で電動車いすをリアルタイム制御:

« F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 | トップページ | ALS治療に希望をもたらす新しい知見 »