« iPS、腫瘍のできやすさは元細胞の部位次第 京大など | トップページ | 神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定 »

2009年7月10日 (金)

サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待

サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待
2009年07月03日 18:09 AFP BBNews


---------------------------------------
 サンショウウオの再生能力は群を抜いている。
 サンショウウオは脚を失っても数週間以内に新しい脚が
生えてくるし、損傷した肺を再生させることも、
切断された脊髄の修復も、脳の損傷個所の補充も可能だ。 

 その理由については、これまで、サンショウウオが多能性細胞
によって切断面に「再生芽」を作ることができるためと
考えられていたが、米フロリダ大(University of Florida)などの
研究グループは、再生はより単純な組織特異性のある細胞で
行われていると主張している。

 再生はこれまで考えられていたような多能性細胞でではなく、
切断された元の組織を「記憶している」細胞で行われている
ことがわかった。
 言い換えれば、「古い筋肉細胞」が新しい筋肉細胞を、
「古い神経細胞」が新しい神経細胞を、「古い皮膚細胞」が
新しい皮膚細胞を作るということだ。

 サンショウウオの再生能力が組織特異性細胞に由来している
となると、ほ乳類の場合の再生過程にこれまで考えられていた
よりも近いことになり、人間の体の組織の再生への実現が
期待される。(c)AFP
---------------------------------------

興味深い話ですね。
再生医学に大いに貢献できるかもしれません。

|

« iPS、腫瘍のできやすさは元細胞の部位次第 京大など | トップページ | 神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45590617

この記事へのトラックバック一覧です: サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待:

« iPS、腫瘍のできやすさは元細胞の部位次第 京大など | トップページ | 神経細胞の突起が伸びる方向を指示する物質を同定 »