« iPS細胞:肝がん細胞から作成…ハーバード大チーム成功 | トップページ | サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 »

2009年7月10日 (金)

iPS、腫瘍のできやすさは元細胞の部位次第 京大など

---------------------------------------
 【バルセロナ=瀬川茂子】iPS細胞(人工多能性幹細胞)
から体のさまざまな細胞を作って移植する際、元になる
細胞の種類によって、腫瘍(しゅよう)のできやすさに違いが
あることを、京都大の山中伸弥教授らが突き止めた。

 iPS細胞の応用では、腫瘍ができる危険を減らすことが
課題になっており、元の細胞をうまく選ぶことで、
安全性向上につながると期待される。

 この成果について9日、バルセロナで開催中の
国際幹細胞学会で発表した。

 山中教授や慶応大の岡野栄之教授らは、マウス胎児の
皮膚や大人のしっぽや胃、肝臓など様々な細胞をもとに、
36種のiPS細胞を作った。
 それらのiPS細胞から、神経のもとになる細胞を作り出して、
マウスに移植して、腫瘍ができるかどうかを調べた。

 その結果、しっぽの皮膚の細胞から作ったiPS細胞では、
8割以上で腫瘍ができたが、胎児の皮膚から作ったもので、
腫瘍ができたのは4割以下、肝臓でも腫瘍は3割以下だった。

 山中教授は「今後、ヒトのiPS細胞でも同じか、
神経系の細胞以外ではどうか、調べたい。
 移植を検討するには、どの細胞からiPS細胞を作れば、安全なのか、
早く絞り込む必要がある」と話している。

 この結果は、米専門誌ネイチャーバイオテクノロジーでも発表する。
---------------------------------------
2009年7月10日4時8分 朝日新聞


こういう違いもあるのですね。
ただ、例え0.1%でもがん化の可能性があれば、問題なので、
道は、まだまだ先のように思えます。

ガン化の可能性が0%のものという意味では、
前に投稿した、下記の方法が本来のものということに
なるのでしょうか? 2009年5月31日 (日)投稿

がん化回避、遺伝子使わずヒトiPS作製 米韓グループ
2009年5月30日10時50分 朝日新聞

|

« iPS細胞:肝がん細胞から作成…ハーバード大チーム成功 | トップページ | サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45590501

この記事へのトラックバック一覧です: iPS、腫瘍のできやすさは元細胞の部位次第 京大など:

« iPS細胞:肝がん細胞から作成…ハーバード大チーム成功 | トップページ | サンショウウオの四肢再生の謎を解明か、ヒト臓器再生に期待 »