« 日本から製薬会社の研究開発拠点が消える | トップページ | 肺がん:中皮腫や喫煙で起こる仕組み解明 岡山大チーム »

2009年7月28日 (火)

日産、英国とポルトガルで自動車向けリチウムイオン電池の生産工場を建設

日産、英国とポルトガルで自動車向けリチウムイオン
電池の生産工場を建設

2009/07/22 マイコミジャーナル


---------------------------------------
 日産自動車は、英国政府およびポルトガル政府と
共同で、自動車向けリチウムイオン電池の生産工場を
欧州に建設することを明らかにした。

 両国政府は、日産の両国での工場建設に財政支援
などによるサポートを実施する意向を示しており、
建設される工場により、将来の自動車および
自動車関連産業の発展を支える中心地として、
雇用の促進と技術セクタの向上を促し、
欧州におけるゼロエミッション車の生産・販売の
パイオニアとして、経済の活性化につながることを
期待しているという。

 一方、ポルトガルでは、工場建設予定地として
複数の候補地が挙げられており、最終的な候補地を
絞り込む段階にあるという。
 ポルトガル政府は、2008年11月にルノー・日産アライアンス
と2010年からゼロエミッション・モビリティ計画を実施する
ことで合意しており、、、
---------------------------------------


自動車向けリチウムイオン電池と言えば、
これからの産業ですよね。
どうして英国、ポルトガルなんでしょうか?

国と国との、あるいはメーカと国との
合意に基づくものということですか?

何かメリットがあるのでしょう。

どうして、日本国内には、出来ないのでしょうか?

どんどん空洞化していっているような気がしますが、

人件費の問題ですか?

政治家は、企業減税しかいいませんが、
それだけではないはず。
どういう手をうっているのだろうか?

特に、これからの成長産業に対しては、
課題をしっかり把握して、空洞化を防がないと
いけません。

これからの産業育成のために、
手を打つべきところには手を、
予算をつけるべきところには予算をつけて、
もっとがんばらないと、

|

« 日本から製薬会社の研究開発拠点が消える | トップページ | 肺がん:中皮腫や喫煙で起こる仕組み解明 岡山大チーム »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日産、英国とポルトガルで自動車向けリチウムイオン電池の生産工場を建設:

« 日本から製薬会社の研究開発拠点が消える | トップページ | 肺がん:中皮腫や喫煙で起こる仕組み解明 岡山大チーム »