« PETの新しい活用法 統合失調症などの抗精神病治療薬の適切な服薬に利用 | トップページ | シャープ、照度高めた業務用LED照明6機種を発売 »

2009年7月25日 (土)

骨髄異形成症候群の発症原因が明らかに

骨髄異形成症候群の発症原因が明らかに
更新:2009/07/21 21:16   キャリアブレイ

---------------------------------------
 難治性の血液がんの一種である骨髄異形成症候群(MDS)
について、東大医学部附属病院の小川誠司特任准教授
らの研究グループは、C-CBLと呼ばれるがん抑制遺伝子の
異常が発症原因の一つとなっていることを突き止めた。
 研究結果はこのほど、英国科学雑誌「Nature」の
オンライン速報版で公開された。

 骨髄異形成症候群は、しばしば急性骨髄性白血病に
進展する難治性の血液がん。
 日本でも近年増加傾向にあるが、現時点では骨髄移植
以外に有効な治療法が知られていないという。

 研究では、骨髄異形成症候群検体のゲノムの異常を
詳細に解析。
 その結果、骨髄異形成症候群はゲノム異常の観点から
幾つかの亜系に分類できることや、この亜系の一つの
病型ではC-CBLが変異していることなどが分かった。

 また、正常なC-CBLは本来、チロシンキナーゼという
酵素を分解調節することで造血細胞の増殖を抑制する
働きを持ち、がん抑制遺伝子として機能するが、
変異した異常なC-CBLを細胞に導入すると、細胞ががん化し、
腫瘍を形成することが判明。本来のがん抑制遺伝子から、
造血細胞の増殖を促進するがん遺伝子へと変化し、
これが骨髄異形成症候群の発症にかかわっていることが
明らかになったという。

 研究グループでは、活性が抑えられなくなった
チロシンキナーゼを阻害する薬剤が将来開発されれば、
C-CBLの変異のある難治性骨髄異形成症候群の
有効な治療薬剤となる可能性もあるとしている。
---------------------------------------

ちょっと良いニュースですね。

まだ、治療に実際に使用できる薬が開発された訳では
ないので、時間は、かかりそうですが、期待しましょう。

|

« PETの新しい活用法 統合失調症などの抗精神病治療薬の適切な服薬に利用 | トップページ | シャープ、照度高めた業務用LED照明6機種を発売 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45735314

この記事へのトラックバック一覧です: 骨髄異形成症候群の発症原因が明らかに :

« PETの新しい活用法 統合失調症などの抗精神病治療薬の適切な服薬に利用 | トップページ | シャープ、照度高めた業務用LED照明6機種を発売 »