« 東工大、ips細胞の高効率培養に成功-増殖速度2倍に | トップページ | 「全盲の」はいらないに同感 »

2009年6月12日 (金)

いずこも同じ成熟国の悩み?

【2009年6月10日 いずこも同じ成熟国の悩み? 】

---------------------------------------
 これらを読む限り、若者の理科離れや社会人の科学リテラシー低下の
理由は、学校で理科が不得手だからそうなったというだけでは説明
できないようにみえる。

 科学を一生懸命勉強しても自分の人生設計にそれほど役立つとは思えない。
 科学技術は社会のありように決定的な役割を果たしていない。
 必要だけど一部の“専門家”に任せれば済む程度のこと。
 このように考える成績優良者が少なくないということではないだろうか。

 科学技術、あるいは科学的精神が社会の健全化、安定化、発展に
欠かせない基盤の一つになっている。
 こうした現実を理解させることは、簡単な話ではないのだろう。

 「科学技術の問題というのは、実は科学技術にとどまらないで、
日本人がどう生きていくかということでもある」(阿部博之氏)というのは、
日本に限らず、成熟した国家に突きつけられている共通の課題
ということだろうか。
---------------------------------------

上記以外にも、いろいろ気になる内容が書かれています。
真剣に議論し、対処すべき内容のように思えます。

共通と言えばそうですが、日本にはその傾向が顕著のような?

|

« 東工大、ips細胞の高効率培養に成功-増殖速度2倍に | トップページ | 「全盲の」はいらないに同感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いずこも同じ成熟国の悩み?:

« 東工大、ips細胞の高効率培養に成功-増殖速度2倍に | トップページ | 「全盲の」はいらないに同感 »