« iPS細胞臨床応用へのロードマップ策定 | トップページ | 第6話:ペットロスは「気のせい」か?ペットラヴァーズの会に参加して »

2009年6月25日 (木)

マウスのアルツハイマー病、カフェインで改善

マウスのアルツハイマー病、カフェインで改善
2009年6月22日18時12分 朝日新聞


>コーヒーなどに含まれるカフェインがアルツハイマー病の
>認知症状を改善するとともに、患者の脳に沈着する
>異常なたんぱく質が作られにくくすることを埼玉医大の
>森隆准教授ら日米のチームがマウスの実験で確認した。
>米医学誌「ジャーナル・オブ・アルツハイマーズ・ディジーズ」
>(電子版)で発表した。

人間で換算すると1日当たりコーヒー5杯に相当する
カフェインを水に混ぜて1カ月飲ませたらしいです。
いろいろ他にも、コーヒーの効能はあるようです。

知識として、もっておいても良いかと思います。
ご参考まで、

適度に飲むのであれば、良いということでしょうか?

関連記事です。
カフェインに、アルツハイマー病を遅らせる
可能性

|

« iPS細胞臨床応用へのロードマップ策定 | トップページ | 第6話:ペットロスは「気のせい」か?ペットラヴァーズの会に参加して »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マウスのアルツハイマー病、カフェインで改善:

« iPS細胞臨床応用へのロードマップ策定 | トップページ | 第6話:ペットロスは「気のせい」か?ペットラヴァーズの会に参加して »