« 5年以内に移植用「iPS細胞バンク」 山中教授が構想 | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373の治験情報 »

2009年6月 5日 (金)

重粒子線が生成する活性酸素の可視化に成功

重粒子線が生成する活性酸素の可視化に成功
~MRIによる画像化~

平成21年6月4日
独立行政法人 放射線医学総合研究所

---------------------------------------
 本研究では、活性酸素を捉える薬剤「ニトロキシルラジカル」を
人体の生体組織に近いゼラチンで固めた試料に重粒子線を照射し、
高磁場MRI装置により測定して、活性酸素が発生している場所の
画像化に成功しました。

 活性酸素の発生部位とその量が可視化できたことにより、
放射線治療において、がん組織以外の正常組織を抗酸化剤※5により
計画的に保護できる可能性が得られました。
 放医研では、この成果を活用して重粒子線治療を高度化し、
これまで以上にきめ細かい重粒子がん治療の実現を目指します。

 本研究の成果は、米国磁気共鳴医学会の科学雑誌
『Magnetic Resonance in Medicine』5月号に掲載されています。
---------------------------------------

重粒子線によるガン治療は、従来手術ができなかった
場所にあるガン治療を可能にしたり、威力を発揮して
きましたが、これにより、さらによい治療成績が得られる
ようになると思われます。

期待しています。

|

« 5年以内に移植用「iPS細胞バンク」 山中教授が構想 | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373の治験情報 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45243282

この記事へのトラックバック一覧です: 重粒子線が生成する活性酸素の可視化に成功:

« 5年以内に移植用「iPS細胞バンク」 山中教授が構想 | トップページ | 脊髄小脳変性症治療薬KPS-0373の治験情報 »