« ESAの宇宙望遠鏡「ハーシェル」がとらえた渦巻銀河M51 | トップページ | 聖マリアンナ医大、人間の上皮幹細胞用い脊髄損傷したラットの歩行回復 »

2009年6月22日 (月)

ドクターヘリの導入で会社悲鳴、運航費持ち出し

ドクターヘリの導入で会社悲鳴、運航費持ち出し
国想定240回、実態はそれ以上…補助金で賄えず
(2009年6月21日 読売新聞)

詳細は、リンクを見てください。

>医師を乗せて事故や災害の現場に急行する「ドクターヘリ」を
>導入している全国18の病院のうち、12病院で国が想定する
>出動回数を大幅に上回り、公的な補助金だけでは
>運航費をまかなえていないことがわかった。

大問題です。

直ちに手を打って欲しい。
緊急事態です。
せっかくのドクターヘリが無くなります。
優先順位は高い!

|

« ESAの宇宙望遠鏡「ハーシェル」がとらえた渦巻銀河M51 | トップページ | 聖マリアンナ医大、人間の上皮幹細胞用い脊髄損傷したラットの歩行回復 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45419673

この記事へのトラックバック一覧です: ドクターヘリの導入で会社悲鳴、運航費持ち出し:

« ESAの宇宙望遠鏡「ハーシェル」がとらえた渦巻銀河M51 | トップページ | 聖マリアンナ医大、人間の上皮幹細胞用い脊髄損傷したラットの歩行回復 »