« 抗アクアポリン4抗体の病原性 | トップページ | F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 »

2009年6月29日 (月)

脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など

---------------------------------------
 脳神経細胞同士の接続を正常に保つ働きをたんぱく質「Wnt」が
持つことを、林悠(はやしゆう)・理化学研究所基礎科学特別研究員
(元東京大大学院)ら東大と九州大のチームが線虫を使い解明した。
 哺乳(ほにゅう)類も同じメカニズムを持つと見られ、
アルツハイマー病など脳神経変性疾患の理解につながると期待される。
 28日付の米科学誌「ネイチャー・ニューロサイエンス」
電子版に掲載された。

 人間は成長期に脳神経細胞同士が突起を伸ばして盛んにつながる一方、
「刈り込み」という不要な接続の削除が行われる。
 アルツハイマー病やパーキンソン病は、刈り込みが過剰に起きて
脳神経機能が阻害されることが一因と考えられている。

 チームは脳神経細胞が302個と少ない線虫を使って神経細胞同士の
接続を詳しく調べ、線虫でも刈り込みが起きていることを確認。
 突起を切り離すたんぱく質「MBR-1」を突き止めた。
 さらに、刈り込みが過剰に起きないようWntが制御していることを
発見した。
 Wntは、突起が切り離される前に神経細胞に取り付き、MBR-1から
突起を守っていた。【元村有希子】
---------------------------------------
毎日新聞 2009年6月29日 2時00分


早く、臨床の場で応用できるようになると良いですね。

|

« 抗アクアポリン4抗体の病原性 | トップページ | F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45487833

この記事へのトラックバック一覧です: 脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など:

« 抗アクアポリン4抗体の病原性 | トップページ | F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道 »