« 人種におけるMS発症リスク | トップページ | 性急な提供…悔い残る »

2009年6月19日 (金)

ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験

海外技術/ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験
日刊工業新聞Business Line(掲載日 2009年06月18日)


>パーキンソン病モデルのマウスなどを対象とした実験では、
>一定の症状回復が見られている。

>今回、サールマ所長らは、より人間に近いサルの仲間である
>コモンマーモセットを使い、データを集める。
>ドイツの研究機関と連携。


異常なドーパミン分泌細胞はそのままにしておいて
新しい神経を成長させて、なおしてしまおうということで
しょうか? それとも、神経成長因子が異常な細胞を
正常にしてしまうということなのでしょうか?

マウスなどでは回復が見られているよう
ですから、期待は持てそうですが?

|

« 人種におけるMS発症リスク | トップページ | 性急な提供…悔い残る »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45387743

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験:

« 人種におけるMS発症リスク | トップページ | 性急な提供…悔い残る »