« evidence-based medicine | トップページ | いずこも同じ成熟国の悩み? »

2009年6月12日 (金)

東工大、ips細胞の高効率培養に成功-増殖速度2倍に

---------------------------------------
 東京工業大学の赤池敏宏教授らは、iPS細胞(万能細胞)を
高速・安全に培養することに成功した。
 直径数マイクロメートル(マイクロは100万分の1)ほどの
繊維上に人工たんぱく質の培地を分散させ培養した。
 ゼラチンやコラーゲン上で細胞培養する従来法に比べ増殖速度が
2倍になる。
 変異なく繰り返し分裂、細胞を傷めず回収できる。
 「国際ナノファイバーシンポジウム2009」で19日に成果を発表する。

 iPS細胞を再生医療に応用するには、質の良い細胞を高効率で
培養する技術が不可欠とされていた。
 ヒト由来細胞への応用も期待できる。
 移植用の組織や臓器のほか、創薬研究などへの利用を目指す。

 赤池教授らはES細胞(胚性幹細胞)の増殖法の研究を
進めてきた。
 今回、iPS細胞に応用できることを確かめた。
 京都大学の山中伸弥教授が開発したマウス由来の
iPS細胞を使い、10回以上の分裂に成功した。

(日刊工業新聞Business Line 掲載日 2009年06月11日)
---------------------------------------

進歩、進歩、一歩前進。

|

« evidence-based medicine | トップページ | いずこも同じ成熟国の悩み? »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45317837

この記事へのトラックバック一覧です: 東工大、ips細胞の高効率培養に成功-増殖速度2倍に:

« evidence-based medicine | トップページ | いずこも同じ成熟国の悩み? »