« インターフェロン、白血病治療に期待 | トップページ | 日本の1-4歳の死亡率は他の先進国と比較して高い »

2009年6月 1日 (月)

「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発

「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発
2009年5月30日19時33分 朝日新聞


>血液中の微量な物質を利用して体内時計の「時刻」を
>測る方法を、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター
>(神戸市)のチームが開発した。
>マウスでは1時間程度の誤差で測定でき、「時差ボケ」の診断にも
>成功した。睡眠障害の診断法の開発などに役立ちそうだ。
>米科学アカデミー紀要で発表する。

以外に簡単に測定できるのですね。

>現在の体内時計の測定法では、神経伝達物質を数時間ごとに
>1日かけて測る必要がある。
>上田さんは「体内時計の異常で起きる病気を
>簡単に診断できる方法の開発を目指したい」と話す。

とのことです。

|

« インターフェロン、白血病治療に期待 | トップページ | 日本の1-4歳の死亡率は他の先進国と比較して高い »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45201795

この記事へのトラックバック一覧です: 「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発 :

« インターフェロン、白血病治療に期待 | トップページ | 日本の1-4歳の死亡率は他の先進国と比較して高い »