« 48歳の歌姫、ボイルさん惜しくも2位 英国の番組 | トップページ | 「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発 »

2009年6月 1日 (月)

インターフェロン、白血病治療に期待

インターフェロン、白血病治療に期待
2009年6月1日2時0分 朝日新聞

期待したい内容ですので、全文掲載します。
新聞情報は、一定期間で消えてしまいますので、

---------------------------------------
 東京医科歯科大と秋田大のグループは、ウイルスの増殖を抑える
とされるインターフェロン(IFN)が、血液細胞の源になる
造血幹細胞の働きを制御することを突き止めた。
 IFNと抗がん剤を組み合わせて白血病治療に使えば副作用が少なく
治療効果の向上が期待できるという。
 31日付の米科学誌ネイチャーメディシン電子版で発表する。

 樗木(おおてき)俊聡(としあき)・東京医科歯科大教授(免疫学)らは、
IFNを体内で作り出せる物質を、マウスに与え、造血幹細胞の変化を調べた。
 この物質を一時的に与えると造血幹細胞は増殖し、慢性的に与えると
減少することがわかった。IFNが造血幹細胞の働きを左右していた。

 慢性骨髄性白血病では、造血幹細胞に似た「幹細胞」が白血病細胞を作り出す。
 白血病を抗がん剤で治療する場合、増殖中の細胞でないと抗がん剤は
効果を発揮しない。
 白血病の幹細胞が休止状態にあると抗がん剤を投与しても十分効かず、
これが再発につながることが問題とされていた。

 今回、IFNを一時的に与えると、造血幹細胞が活性化することが
はっきりした。このことから、樗木さんらは「抗がん剤の治療をする前に
IFNを与えて白血病の幹細胞を活性化させてから抗がん剤を与えれば、
抗がん剤の効果が上がる可能性がある。
 白血病の根治につなげられるかもしれない」と期待している。(本多昭彦)
---------------------------------------

根治治療につなげられるかもしれないというのは、素晴らしいですね。
私も期待しています。

|

« 48歳の歌姫、ボイルさん惜しくも2位 英国の番組 | トップページ | 「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

やっと退院できたのでコメント残します。
難病って大変ですよね。なかなか、効く薬もなく・・・

だけど、頑張ろうね!!

生きることがお仕事ですから・・・

投稿: KurikuriI | 2009年6月 1日 (月) 15時27分

コメントありがとうございます。

退院おめでとうございます。

そうですね。治療法がないのが難病の定義のようですから、

ちいさなことでも良いから、笑顔になれることを探しながら、
お互いに頑張りましょう!

お仕事ができるのは幸せなことです。


投稿: haredasu | 2009年6月 1日 (月) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45201682

この記事へのトラックバック一覧です: インターフェロン、白血病治療に期待:

« 48歳の歌姫、ボイルさん惜しくも2位 英国の番組 | トップページ | 「体内時計、いま何時?」 理研チーム、測定法を開発 »