« かぐや、月面に散る | トップページ | 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち »

2009年6月17日 (水)

「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ

「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ


>京都のベンチャー企業、アクアフェアリーが開発した、
>水から直接電力を取り出せる燃料電池が来春、コンビニで販売されるそうです。
>価格は「高校生がお小遣いで買える程度」とのことですが、
>一体どんな触媒を使っているのでしょうか?

携帯機器の充電用で、5千円程度で購入できるようです。
ランニングコストはどの程度になるのかな?
安くないと意味がないような?

何回くらい繰り返して使えるのか、水素発生剤のコストは?
など、良くわからないところが多々あります。

でも、面白そうですね。
燃料電池がこんなに安い値段ででてくるとは、驚きです。

|

« かぐや、月面に散る | トップページ | 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45367148

この記事へのトラックバック一覧です: 「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ:

« かぐや、月面に散る | トップページ | 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち »