« 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち | トップページ | ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験 »

2009年6月19日 (金)

人種におけるMS発症リスク

東北大学大学院医学系研究科 多発性硬化症治療学寄附講座ブログ
に下記情報がありましたので、載せておきます。

人種におけるMS発症リスク


>これまでのいくつかの遺伝的解析からも示唆されているように、
>MSの疾患感受性のいくつかは白人の女性特有のものである
>可能性があることがわかりました。
>日本人にMSの家族歴が少ないのは、やはり人種的な要因が
>大きいように思われます。

やはり、遺伝要因がかなり比重をしめているということですね。

MSに関する疾患感受性遺伝子の研究は、最近進んできている
ようですので、期待してます。

|

« 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち | トップページ | ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

赤道から離れるほど増えるということですから、やはりビタミンDはかなり大きな要因かもしれませんね。でも黒人男性がなると進行が早い(または大きい?)と聞きました。不思議な病気ですね。

投稿: ゆきな | 2009年6月19日 (金) 20時23分

ビタミンDの影響は前から言われてますね。

人種、女性、男性でも違うし、まだまだ、未解明です。
この辺は、疾患感受性遺伝子が影響しているのでしょう。

早く、解明してもらいたいものです。

投稿: haredasu | 2009年6月20日 (土) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45387644

この記事へのトラックバック一覧です: 人種におけるMS発症リスク:

« 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち | トップページ | ヘルシンキ大、パーキンソン病治療を神経成長因子で実験 »