« 「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ | トップページ | 人種におけるMS発症リスク »

2009年6月17日 (水)

第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち

第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち
~ペットを看取るということ 天国の犬からの宿題~


今回は、第5話です。

---------------------------------------
 いくつになっても、自己分析は難しいものである。
 しかし「自分取り扱い説明書」と問われて最初に浮かぶ答えは、
「楽天家」である。
 先のことはできるだけ思い煩わず、直感に従って行動できるように
努力をしているつもりである。

 ところがピピと出会った1997年7月以来、私は先の不安を
感じるようになっていた。
 前回書いたように、ピピが当初より病気がちだったということも一因だった。
 しかし私が何よりも恐れたことは、「喪失」だった。

 そしてそれに比例して、私の中のピピを喪失することへの、
理を超えた恐怖心は増大した。

 そこで私がしたことは、まだ生後6カ月であるにもかかわらず、
「ペットロス・カウンセラー」の情報収集をすることだった。
 1998年当時、まだ耳新しかったその言葉は、ペットを失ってうつ状態に
なった人を助けるための心理療法と考えられていた。

 私はペットとの突然の別れ、そして自身が立ち直れずに仕事が
できなくなることを心底恐れていたのだった。
 「その時」に備えて、多くの記事の切り抜きを集めてファイルし、
私はやっと安心できたのである。
 しかし、実際直面した出来事は、それらの準備が手助けとなって
コントロールできるようなものでは、到底なかった。
 昨年12月27日にピピに旅立たれて以来、私はファイルした切り抜きを見る
ことさえできないほど、打ちのめされていたのだった。

 人はなぜ、それほどまでにコンパニオン・アニマルに深い愛着
(アタッチメント)を持つのだろうか。
 それとも私だけが、小さな命に固執しすぎているのだろうか。

 この調査で「ペットの存在は自分の命に代わるもの」という回答が
あるのを知り、私は2つの思いに包まれた。


 写真を見るたびに、ピピの姿が浮かぶ
 1つは、コンパニオン・ドッグとの強い「情緒的結びつき」があるのは、
私だけではないのだ、という安堵感。
 そしてもう1つは「私とピピが築いた絆は、他の誰よりも特別
で強いもので、簡単に言葉で表せるようなものではない」という誇りである。

 ただ、後者の思いがあるが故に、喪失感はどこまでも深くなるのである。
 一方その誇りを矜持とすべく、グリーフィング・プロセス
(悲しみを癒やすプロセス)の時に、最初に見舞われる純粋な悲しみに
蓋をしてきたのかもしれないと半年を経た今になって思う。

 「ピピが病気になってからは、看病も、私にできることは
すべてさせてもらい、自宅で看取ることができた。
 そこから学んだことを、微力ながら社会に還元することが
天国に行ったピピからの宿題なのだろう」

 数カ月前を振り返ると、悲しみに浸るよりもそんな使命感が、
私を支えていたような気がする。
 涙が押し寄せるたび、そのことを自分に言い聞かせ、
気丈に前へ進もうとしていた。
---------------------------------------


同じ思いです。


>「おじいちゃん、おばあちゃんと一緒の写真。
>こっちは犬と子どもと一緒の写真。両方家族ですって。
>おばあちゃんは犬と同じか。
>こんなふざけた話がどこにあるんだとやりあった」
>という麻生首相の発言が物議を醸した。


こんな単純な話ではないと思います。

人によって考えは、違って良いはず。
動物だから、ペットだから人より下?
共に愛する存在と考えるのは、おかしいですか?

このことは、熟慮すべきことがらのように思えます。

人の心は、複雑なのです。

|

« 「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ | トップページ | 人種におけるMS発症リスク »

学んだこと」カテゴリの記事

コメント

私も、作者さんのように、「後者」の思いが強いですね。
今でもかけがえのない「我が子」だし。
それに私は心の準備がなかったから辛かったですね。。。。。

動物の事を軽く見る人達っていますよね。
残念ですが、同じ経験をしないとわからないかな、と思います。
動物と暮らしている人だって「家族」と思ってない人だっているし。
いろんな人がいるから仕方ないんですかね。。。。。

投稿: ゆきな | 2009年6月17日 (水) 20時40分

しかたがないのだと思います。

多様な生き方が存在していて、
そのことは、尊重されるべきなのだと思います。

良い生き方とは? と言う問いを、
いつも心に持ち続けて欲しいとは思いますが、
強制はできませんので、

投稿: haredasu | 2009年6月18日 (木) 10時29分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5話:犬は家族? それとも? ペットに10万円かける女たち:

« 「水を入れると発電開始」という超小型燃料電池、実用化へ | トップページ | 人種におけるMS発症リスク »