« 脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など | トップページ | 脳波で電動車いすをリアルタイム制御 »

2009年6月29日 (月)

F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道

F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道

---------------------------------------
 【ワシントン=弟子丸幸子】ロイター通信は22日、米空軍の試算として、
日本が米最新鋭戦闘機F22を調達する場合、日本側が初期費用として
約23億ドル(約2200億円)を負担する可能性があると伝えた。
 日本向けモデル開発費の名目になるという。国防総省高官が2007年の
段階で試算した輸出モデルの開発費と比較し、2倍超の金額に相当する。

 ロイター通信によると、日本向けの開発費が高額になるのは、
生産ラインの維持費や機密保持のための費用などが含まれるため。
 40機を調達すると仮定した場合、開発費を含めた総額は116億ドル
(約1兆1000億円)。
 これとは別に、訓練費、予備部品関連費などがかかる
可能性があるとしている。(19:50)
---------------------------------------

国防の為とは言え、こんなにお金を使って良いのでしょうか?

限度というものがありますよね。

こんなに高い戦闘機を買ったとして、活躍の場は、
いったいどこなのでしょう?

医療費も、福祉も削って、おまけに国家の借金は、膨大なのに、

|

« 脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など | トップページ | 脳波で電動車いすをリアルタイム制御 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F22調達、日本の初期負担2200億円 米軍試算をロイター報道:

« 脳神経:制御を解明 アルツハイマー理解に道 東大など | トップページ | 脳波で電動車いすをリアルタイム制御 »