« 第2話:愛犬との運命の出会い。それは心が折れていたあの夏 | トップページ | 妬みや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳内のメカニズムが明らかに »

2009年5月29日 (金)

生理学研究所、魚の最終的決断は脊髄の特殊な神経回路であることを解明

生理学研究所、魚の最終的決断は脊髄の特殊な神経回路であることを解明
魚の逃避行動:
右に逃げるか?左に逃げるか? 脳が迷っても脊髄で選択
~GFPで光らせた熱帯魚を使った研究で明らかに~

発表日:2009/05/27
NIKKEI NET

---------------------------------------
 突然に襲われたとき、右に逃げますか?左に逃げますか?
実は、脳の中も突然だと、右か左か、どちらに逃げようか
迷ってしまいます。
 魚では、最終的に決断しているのは、実は脳ではなく、
脊髄の特殊な神経回路であることを、自然科学研究機構生理学研究所
(岡崎統合バイオサイエンスセンター)の東島眞一准教授の
グループの佐藤千恵大学院生(総合研究大学院大学)らが、
名古屋大学や東京大学との共同研究で明らかにしました。
 5月27日の米国神経科学学会誌(ジャーナルオブニューロサイエンス)
に掲載され、注目論文として紹介されます。


この研究の社会的意義
 1.魚では、脳が迷い、相反する指令を送ってしまっても、
   脊髄で選択する仕組みがあることがわかりました。


   魚の脳でも人間の脳でも、”突然”の事態が起きたときには、
  脳の中では判断しきれず、相反する指令をほぼ同時に出して
  しまうことがありえます。
   そうしたときに、少なくとも魚の脊髄では、ミリ秒、
  あるいはそれ以下、というわずかな時間差を感知して、
  脳の指令を取捨選択する仕組みが備わっていることが分かりました。
---------------------------------------

面白いですね。
人間にも、多分、そういう仕掛けがあるかもしれません。

|

« 第2話:愛犬との運命の出会い。それは心が折れていたあの夏 | トップページ | 妬みや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳内のメカニズムが明らかに »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45166765

この記事へのトラックバック一覧です: 生理学研究所、魚の最終的決断は脊髄の特殊な神経回路であることを解明:

« 第2話:愛犬との運命の出会い。それは心が折れていたあの夏 | トップページ | 妬みや他人の不幸を喜ぶ感情に関する脳内のメカニズムが明らかに »