« マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究 | トップページ | がん抑制遺伝子不活性化によるがん化に対抗する生体の防御機構を解明 »

2009年5月14日 (木)

金属で厳重に遮へいされた爆発物の非破壊測定法を発明

金属で厳重に遮へいされた爆発物の非破壊測定法を発明
2009年4月29日

>日本原子力研究開発機構
>(理事長・岡﨑俊雄、以下「原子力機構」という。)
>量子ビーム応用研究部門の早川岳人研究主幹ら、
>京都大学(総長・松本 紘)エネルギー理工学研究所の
>大垣英明教授および産業技術総合研究所(理事長・野間口有)
>計測フロンティア研究部門の豊川弘之主任研究員の
>共同研究グループは、高い透過力を有するガンマ線を用いて、
>厚い金属で厳重に隠ぺいされた爆発物を非破壊で検出する
>方法を発明しました。
>この研究の成果は、5月9日付の
>Review of Scientific Instruments 誌に掲載されます。

>意義
>本手法により、数cmの厚さの鉄などで隠ぺいされていても、
>非破壊で内部の化学物質を検知・同定が可能になる。
>一般的な爆発物は窒素を多量に含んでいることが
>知られており、高精度に窒素/炭素の比や、
>窒素/酸素の比を計測することで、
>ダイナマイトやニトログリセリン等の
>爆発物の種類を特定可能である。

とのことです。

物騒な世の中なので、早く、実用に供する製品が
出てくるようになると良いですね。

この種の製品が有用なとど、言っている世の中は、
おかしいのですが、やむを得ません。

|

« マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究 | トップページ | がん抑制遺伝子不活性化によるがん化に対抗する生体の防御機構を解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

hey this is a very interesting article!

投稿: KeHoeff | 2009年5月29日 (金) 07時55分

Thanks.

投稿: haredasu | 2009年5月29日 (金) 14時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45010518

この記事へのトラックバック一覧です: 金属で厳重に遮へいされた爆発物の非破壊測定法を発明:

« マリフアナの成分、がんの増殖を抑制=スペイン研究 | トップページ | がん抑制遺伝子不活性化によるがん化に対抗する生体の防御機構を解明 »