« World MS Day | トップページ | がん遺伝子治療の様子をMRIで画像化する新技術を開発 »

2009年5月28日 (木)

遺伝子改変霊長類の作出に成功

遺伝子改変霊長類の作出に成功
(霊長類を用いたパーキンソン病などの難病研究が可能に)

平成21年5月28日
科学技術振興機構(JST)、(財)実験動物中央研究所、慶應義塾

---------------------------------------
 今回の遺伝子改変霊長類では、マーモセットの体外で、
マーモセット胚に、ウイルスベクター注2)を用いて
外来遺伝子である緑色蛍光たんぱく質(GFP)をコードする
遺伝子を導入しました。
 その胚を仮親マーモセットの胎内へ戻して妊娠を成立させたところ、
4匹の仮親から5匹の子が出産に至り、全てが遺伝子改変マーモセットでした。
 しかもこの5匹のうち2匹の生殖細胞に導入遺伝子が組み込まれている
ことが確認され、この1匹から第二世代のGFPが組み込まれた
マーモセットが得られました。
 今後、この遺伝子改変技術を用いてヒトのパーキンソン病や
筋委縮性側索硬化症(ALS)、などの神経難病のモデルマーモセットを
作り出し、これを用いることによって前臨床研究が
大きく前進するものと期待されます。
 本研究成果は、2009年5月28日(英国時間)
発行の英国科学雑誌「Nature」に掲載されます。


 これまで霊長類では遺伝子改変動物の作出は成功せず、
得られた遺伝子改変霊長類の体細胞における導入外来遺伝子の
発現が科学的に証明されたことはありませんでした。
 さらに、これらの遺伝子改変霊長類の外来遺伝子の生殖細胞への
伝達の研究報告はなく、遺伝子改変霊長類を使った
ライフサイエンス研究を行うことは不可能でした。
 そこで(財)実験動物中央研究所の佐々木 えりか 室長と慶應義塾大学の
岡野 栄之 教授らの研究グループは、マウスと同様にこれらの研究を
行うことを可能にする遺伝子改変霊長類の作出法を研究し、
その確立に成功しました。


 ヒトに近い遺伝子改変霊長類を複数匹揃え、繰り返しの実験を
行うことが可能となり、より精度の高い研究が可能となります。
 今後は、遺伝子改変霊長類を用いてパーキンソン病やALSといった
難病の治療法開発研究などへの貢献が期待されます。
 また、今回作出した遺伝子改変マーモセットもGFPを発現しているため、
さまざまな細胞、臓器移植研究にも役立てられます。
 本研究成果は、日本の脳科学や再生医学研究を次のステージへと
進めることができるものと確信しています。
---------------------------------------

とのことです。

素晴らしいニュースです。

マウスでなく、より人に近い霊長類で研究が出来るということは、
良い結果が出せれば直ぐにでも、人間に応用可能ということだと
思いますので、大いに期待しています。

|

« World MS Day | トップページ | がん遺伝子治療の様子をMRIで画像化する新技術を開発 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/45153909

この記事へのトラックバック一覧です: 遺伝子改変霊長類の作出に成功:

« World MS Day | トップページ | がん遺伝子治療の様子をMRIで画像化する新技術を開発 »