« 「かぐや」月に帰る | トップページ | 大切なのは、今 »

2009年4月15日 (水)

日本人が日本人を救える国に

「日本人が日本人を救える国に」―臓器移植法の改正訴え集会


>一つの国として見た場合、緊急避難的に行うならまだしも、
>定常的に行われているのは異常でしかない。

おかしいと思います。
日本人が日本人を救える国でないとは?

もし、日本として臓器移植に反対するというのなら、
全てを禁止すべきではないですか?

臓器移植を実施している他国の考えが間違って
いるのですか?
日本の臓器移植法は、禁止法です。

いのちのリレーという考えは間違ってますか?

人の死について、医学的に不確実な所が
あるからと言って、いつまでも、このままで
良いはずがない!

日本は、結論の先延ばしが得意!

どうしようもなくなってから、やっと動く。

情けない国です。

|

« 「かぐや」月に帰る | トップページ | 大切なのは、今 »

経済・政治・国際ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本人が日本人を救える国

移植が、15歳未満は出来ないのは、おかしなことだと思ってました。海外へ、移植に行く、小さな赤ちゃんや幼児の、映像を見て、そんなに、医療水準が低い国でもないのに、何で?と恥ずかしく思ってました。
そして、受け入れて手術してくれる米国などは懐の深い国だと思ってました。しかし難しくなってきたのですね。当たり前のことだと思います。自国民より外国人を大切にするのは問題です。今まで良くやってくれたと思います。
15歳なんて、法律廃止して、ドナーカードも出来たのだから、提供する意思のある方の意思は尊重して、受け入れるべきです。
乳幼児で、生まれつき、心臓悪く、移植しか、後、わずかしか、生きられないと言う子供を見るたび、15歳以下の移植禁止の法律は、一種の、間接的殺人みたいな法律ではないかと、思ってました。
厚生省が動かなかったのもおかしいですね。
一体、いつ出来た法律でしょう?
また、解禁を主張すると、まれな、悪質な例を引き合いに出して反対する、勢力もよくあります。
何でも、海外のこと、調査したいなら、速くやって、小さな命も救ってあげてください。唯でさえ、人口減少が、止められない国なのですから、、

投稿: ぺぺ | 2009年4月15日 (水) 19時52分

このリンクを見てください。
http://www.unirapid.com/isyoku.html

>「心臓移植の実施数」
>移植の体制が整備されている米国では、
>毎年2000人以上の人達が心臓移植を受けて、
>死の淵から社会復帰を果たしています。
 
>米国よりも心臓移植が遅く始まった国々における
>累積実施数は、近隣の韓国や台湾でも
>数100例以上です。

>日本は移植法が施行されて10年が経過しましたが、
>平均年間5例程にとどまっています。

これが実情です。
 
移植を進める為には、法律の改正は必須と思いますが、

映画「おくりびと」に見られるように、
独特の日本文化が根底にあると思います。
その文化を変えていく。

人を助ける命のリレー。

ということが国民の中に浸透して
行くように、していかないと
むずかしいと思います。

少しずつでも、行動していくこと。
このことが変化を生むはずですから、
このことに期待して、
良い方向に変わって行くように
願っています。

外国人に対して(日本人に対しても)やさしくない
としか思われない行動をとる、日本人って本当に、
やさしい国民なのかな?
と思ってしまいます。

やさしそうなのは、表向きだけ?

投稿: haredasu | 2009年4月16日 (木) 10時13分

昨日も、何千万の募金を集めて、手術のため、渡米する、赤ちゃんが放送されてました。
日本では、年間5件ですか! 先進国とは思えない。

 私は、母がが事故で脳死状態だったとき、頭の打撲で、外見ははきれいでした。透析の友人もいて、命のリレーを考えましたが、余りにも、急なことで、方法も分からず、結論が出る前に亡くなってしまいました。兄弟は、医師などでしたから、反対はしなかったと思います。父も、30年前、動脈瘤で急死しました。病院の、要請で、解剖に協力しました。
日本人は、遺体にこだわるとか、結局、焼却することになるが、、海外では、かたちより、その魂が生きていることを信じるから、、と考えの相違があるとか、、
病院も、臓器の提供など、話もしないし、、しにくい文化なんでしょう。
移植には無関心な気がする。そういう機会があるところに、協力をお願いする、体制も整ってない。遺族に提供の意思が有っても、本人のドナーカードがないとかあるとか、本人に有っても遺族が拒否するとか、、理屈ばかりで、進めない。移植の向上には、関心が薄いようです。

日本人は外国人にやさしくない。
移民の数も、最低ではありませんか?

13歳の、外人の女子が残され、両親だけ帰国する姿、余りの杓子定規の判決に、その冷たさを感じました。偽の旅券で、入国したのは悪いが、十数年も、真面目に働き、税金も払い、何万人の署名ももらっている外人家族に、もう少し暖かい、判決は出せなかったのでしょうか? この年月は、日本人なら、殺人を犯しても、時効になる、年月です。
極端な、人口減少と、高齢化で、国の繁栄を維持するには、移民を考えると言うところまで来ているわが国。裁判官は、前例主義しか、判定できないなら、何の進歩もないように思う。

投稿: | 2009年4月16日 (木) 11時07分

コメントありがとうございます。

おっしやる通りです。
日本は、鎖国社会ですね。

>13歳の、外人の女子が残され、
>両親だけ帰国する姿、余りの杓子定規の判決に、
>その冷たさを感じました。
>偽の旅券で、入国したのは悪いが、
>十数年も、真面目に働き、税金も払い、
>何万人の署名ももらっている外人家族に、
>もう少し暖かい、判決は出せなかった
>のでしょうか?

同感です。
殺人罪にすら時効をもうけているのに、
いきどおりすら感じます。

でも、変えてゆくには、少しずつ、
小さな善良な行動を元にして、
除々に変えて行くしかありません。

残念ですが、急には、変わりません。
でも、着実に変わっていくはず!
小さな行動がいつのまにか、大きな
広がりをもつようになる。
そう信じています。

発言力のある人が行動してくれれば、
もう少し、早く変化すると思うのですが、

新しい裁判員制度は、
機能するのでしょうか?

日本の裁判制度は、おかしいです。
再審の扉は、ほとんど開かれません。
おかしいですよね?
そんなに、間違いが少ないはずはない!

投稿: haredasu | 2009年4月16日 (木) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44678399

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人が日本人を救える国に:

« 「かぐや」月に帰る | トップページ | 大切なのは、今 »