« MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発 | トップページ | 多発性硬化症の大脳皮質・白質の目に見えない傷害の評価 »

2009年4月10日 (金)

夢の医薬品、「花粉症緩和米」

夢の医薬品、「花粉症緩和米」

>1日1合のコメを食べて花粉症を改善―。
>3月10日の経済財政諮問会議で、石破茂農林水産相が
>実用化プロジェクトを提案し、麻生太郎首相も
>「実現化を急いでほしい」と指示した「花粉症緩和米」。
>この花粉症緩和米は現在、「食品」ではなく「医薬品」
>として、農業生物資源研究所(茨城県つくば市)で研究、
>実験が進められている。
>既に動物実験では効果が確認されており、
>治験などで有効性と安全性が確認され、
>厚生労働省の認可が下りれば、実用化となる。


流通するまでには、10年くらいかかるそうですが、
米が医薬品とは、面白いですね。

|

« MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発 | トップページ | 多発性硬化症の大脳皮質・白質の目に見えない傷害の評価 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44626904

この記事へのトラックバック一覧です: 夢の医薬品、「花粉症緩和米」:

« MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発 | トップページ | 多発性硬化症の大脳皮質・白質の目に見えない傷害の評価 »