« 筋ジス治療、京大がマウスで成功 | トップページ | "外圧"受け、国会走る 渡航移植抑制に危機感 »

2009年4月21日 (火)

視神経脊髄炎の髄液マーカー

視神経脊髄炎の髄液マーカー


>当講座の三須、高野らによる解析で、
>再発時急性期の視神経脊髄炎(NMO)の髄液中では、
>glial fibrillar acidic protein (GFAP)と呼ばれる、
>アストログリアに局在する中間径フィラメントを
>構成する蛋白質が異常に増加していることを突き止め、
>その研究成果が
>Journal of Neurology Neurosurgery and Psychiatryに
>記載されました。


>このGFAPの上昇は、NMO以外でも脊髄梗塞や
>急性散在性脳脊髄炎の急性期でも認められましたが、
>多発性硬化症(MS)の急性期では全く増加せず、
>NMOとMSが全く異なる疾患であることを証明しています。
>つまり、MSが脱髄を主体とした病態であるのに対し、
>NMOはアストロサイトの障害が主体であることを表しています。

とのことです。
ご参考まで、

|

« 筋ジス治療、京大がマウスで成功 | トップページ | "外圧"受け、国会走る 渡航移植抑制に危機感 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44740243

この記事へのトラックバック一覧です: 視神経脊髄炎の髄液マーカー:

« 筋ジス治療、京大がマウスで成功 | トップページ | "外圧"受け、国会走る 渡航移植抑制に危機感 »