« 細胞内におけるタンパク質の品質管理の主役が明らかに | トップページ | ポリグルタミン病の発症は、タンパク質の線維化加速で進行 »

2009年4月28日 (火)

光るiPS細胞、日本人作製に成功

光るiPS細胞、日本人作製に成功

>ノーベル化学賞の下村脩・米ボストン大
>名誉教授が発見した、緑色蛍光たんぱく質
>(GFP)を使って、緑色に光る新型万能細胞
>(iPS細胞)の作製に、カナダ・トロント大の
>堀田秋津研究員らが成功した。

こういう方向もあるのですね。

下村脩・米ボストン大名誉教授が発見した、
緑色蛍光たんぱく質はいろいろなところに
応用され、役だっているようです。

光らせることで、容易に識別できるようになるので
いろいろ応用されています。

ガン細胞を光らせて、ガン細胞を識別するとか、

遺伝子治療で使用するウイルスベクターを光らせ
て、うまく遺伝子が運ばれたかどうか調べるとか、

すばらしいですね。

|

« 細胞内におけるタンパク質の品質管理の主役が明らかに | トップページ | ポリグルタミン病の発症は、タンパク質の線維化加速で進行 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44821631

この記事へのトラックバック一覧です: 光るiPS細胞、日本人作製に成功:

« 細胞内におけるタンパク質の品質管理の主役が明らかに | トップページ | ポリグルタミン病の発症は、タンパク質の線維化加速で進行 »