« 脊髄損傷からの機能回復:筋肉の活動が回復を手助け | トップページ | 目の見えない網膜疾患マウスの視覚回復に成功 »

2009年4月29日 (水)

ミツバチコロニー過疎化症候群の原因が特定される

ミツバチコロニー過疎化症候群の原因が特定される。

>Mariano Higes 氏らスペインの科学者が
>ミツバチコロニー過疎化症候群として
>知られている現象の原因がNosema ceranae と
>呼ばれる寄生虫が原因であることを突き止めた。
>そこでこの寄生虫を単離して抗生物質である
>fumagillin を用いたところ、ミツバチが減少
>していたコロニーは完全に回復したという。

とのことです。

原因が1つとは、言い切れませんので、
なんとも、言い難いところがあります。

日本でも早急に、適用可能なのか、
検証の必要があるでしょう。

原因として的中していれば良いのですが、

|

« 脊髄損傷からの機能回復:筋肉の活動が回復を手助け | トップページ | 目の見えない網膜疾患マウスの視覚回復に成功 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44831968

この記事へのトラックバック一覧です: ミツバチコロニー過疎化症候群の原因が特定される:

« 脊髄損傷からの機能回復:筋肉の活動が回復を手助け | トップページ | 目の見えない網膜疾患マウスの視覚回復に成功 »