« がん転移と免疫抑制、同時に促す仕組み解明 慶大チーム | トップページ | バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 »

2009年3月 5日 (木)

血液から新型iPS細胞できた 東大チーム

血液から新型iPS細胞できた 東大チーム

>あらゆる組織や細胞になりうる新型の万能細胞
>(iPS細胞)を、血液からつくることに、
>東京大医科学研究所の中内啓光教授らが成功した。
>人のiPS細胞はおもに皮膚を切り取ってつくるが、
>採血で可能になれば、
>患者の負担が軽い再生医療の実現につながる。
>5日から開かれる日本再生医療学会で発表する。


素晴らしいですね。

|

« がん転移と免疫抑制、同時に促す仕組み解明 慶大チーム | トップページ | バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血液から新型iPS細胞できた 東大チーム:

« がん転移と免疫抑制、同時に促す仕組み解明 慶大チーム | トップページ | バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 »