« バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 | トップページ | 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その2 »

2009年3月12日 (木)

iPS細胞の高品質化に成功 米チーム、難病治療に前進

iPS細胞の高品質化に成功 米チーム、難病治療に前進

>パーキンソン病患者の皮膚からさまざまな
>細胞に成長する人工多能性幹細胞(iPS細胞)
>を高品質でつくることに、米国チームが成功した。
>従来の作製法と比べ、iPS細胞の性質のばらつきを抑え、
>がん化などの危険性も減らせるという。
>6日付の米科学誌セルに発表する。

>遺伝子の導入には従来通りウイルスを使ったが、
>iPS細胞ができた後、特殊な酵素で導入遺伝子を取り除き、
>遺伝子が過剰に働かないようにする仕組みも加えた。
>すると、iPS細胞の遺伝子の働きぶりが、
>従来のiPS細胞より、もうひとつの万能細胞の
>胚(はい)性幹細胞(ES細胞)に近くなることがわかった。

>国立成育医療センター研究所の阿久津英憲室長は
>「技術改良が着実に進んでいる。
>導入遺伝子を残さない今回のような作製法は、
>今後の主流になる可能性がある」と話す。


着実に進んでいるようで、うれしく思います。
京都大の山中伸弥教授らもウイルスを使わないで作っていますし、
このようなやり方が主流になるのでしょうね?

安全の確保がなければ意味がないですから、

|

« バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 | トップページ | 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その2 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

いろいろ進んでますね。
今後数年ですごく進みそうな気がしますね♪

ブログのタイトルと写真、かえられました?
気付いてなかったのならすみません。
わんちゃん、ほんとにぬいぐるみみたい!

投稿: ゆきな | 2009年3月12日 (木) 21時06分

私もそう思います。

ブログのタイトル変えました!
理由は、プロフィールに追加しました。
写真は変えていません。
プロフィールに載せているものをこのページでも
見えるようにしただけです。

この写真は、飼い始めたばかりの時期のものです。
今は、約2年経ちましたので大きくなりました。
成犬です。といっても、トイプードルなので、
体重約5Kgです。
運動能力抜群、すごい勢いで、家の中を走り回って
います。 相変わらず、可愛いです。
写真、最近のものに変えた方が良いですか?

投稿: haredasu | 2009年3月13日 (金) 14時13分

haredasuさんのおっしゃる通り、病気ってもう自分の一部なんですよね。一緒に仲良く生きないとね。

わんちゃんの写真、最近のに変えなくてもいいと思いますけど、最近のも見たいです♪
ブログに登場する、、、、ということは、ないですか?または、mixiのアルバムとか??時々見られるとすごく嬉しい。癒されます。わんちゃんのお名前聞いてもいいですか?

投稿: ゆきな | 2009年3月13日 (金) 20時34分

そのうちmixiのアルバムに
載せます。見てください。

名前は、ラブ(love)です。
親ばかです。

投稿: haredasu | 2009年3月14日 (土) 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/44322030

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞の高品質化に成功 米チーム、難病治療に前進:

« バイカル湖で、メタンハイドレートのガス回収実験に成功 | トップページ | 「脊髄小脳変性症の遺伝子治療」その2 »