« 交通事故時の情報開示について | トップページ | 新年の挨拶 »

2008年12月28日 (日)

多発性硬化症の治らない原因を特定

多発性硬化症の治らない原因を特定―慶應大グループ

まだ、根治治療法がなく、多くの患者が発病後、
10年ほどで車いすや寝たきりの生活を余儀なくされる
状況にあって、素晴らしい成果だと思います。

関連リンク[プレスリリース]
2008/12/23 慶應義塾大学医学部


>神経難病・多発性硬化症に関する再生医薬開発研究に
>取り組んでいる慶應大医学部神経内科、
>解剖学教室の研究グループ
>(鈴木則宏教授・相磯貞和教授・中原仁講師)は、
>多発性硬化症で神経機能を支える髄鞘の自己再生能力が
>低下する原因を特定したと発表した。
>世界初の成果で、新たな髄鞘再生医薬の開発が
>期待されるという。
>成果は、国際医学誌「The Journal of Clinical Investigation」
>誌 2009年1月号に掲載された。


>多発性硬化症の病変では、脱髄に伴って
>オリゴデンドロサイトが死滅する。
>しかし、脱髄病変後も「未熟なオリゴデンドロサイト」である
>「オリゴデンドロサイト前駆細胞(OPC)」は
>多数残っている。
>本来、OPCは能動的にオリゴデンドロサイトへ成長し、
>髄鞘をほぼ完全に修復する能力を持っている。
>多発性硬化症では、OPCが残っているにもかかわらず、
>なぜ能動的にオリゴデンドロサイトへ成長することもなく、
>また髄鞘を修復できないのかは解明されていなかった。


>多発性硬化症の脳において病変部位に髄鞘再生を妨げる
>TIP30分子が過剰に発現していることが、
>髄鞘の再生能力が乏しい原因と特定した。

|

« 交通事故時の情報開示について | トップページ | 新年の挨拶 »

遺伝子治療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

>多くの患者が発病後、
10年ほどで車いすや寝たきりの生活を余儀なくされる

これって本当でしょうか?多くのって
私も発病10数年で車椅子になりました。
今まで自分の行動を責めてきました。(こうなったのは注意が足りなかったと)

投稿: パパ | 2009年1月 8日 (木) 16時29分

パパさん
コメントありがとうございます。

難しい質問ですね。

多発性硬化症と言っても、多種多様で、
人によってその症状は、さまざまです。

多くの患者が・・・ と言うのは、
一般的な話として、言われているようです。

なので、パパさんは、その中の一人なのかも知れません。

個人の努力ではいかんともしがたい結果だったのかも
知れません。

でも、原因が何にせよ、自分を責めるのは間違いだと思います。

今のところ、根本的な治療法がない以上、
心の健康を保つことが第一なのではないでしょうか?

それと、リハビリが、
リハビリの持っている可能性は、想像以上です。
がんばっていきましょう!

投稿: haredasu | 2009年1月10日 (土) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/43553373

この記事へのトラックバック一覧です: 多発性硬化症の治らない原因を特定:

« 交通事故時の情報開示について | トップページ | 新年の挨拶 »